真っ赤に染め

225 の用例 (0.01 秒)
  • 宗介はかなめの手を引き、両手を真っ赤にめた少年のわきけ抜ける。 賀東招二『フルメタル・パニック!07 つづくオン・マイ・オウン』より引用
  • 僕がようやく現実に復帰したときには、梓は頬を真っ赤に染めていた。 佐竹彬『カクレヒメ 第02巻』より引用
  • 多分、今の自分はほおを真っ赤に染めて、熟した柿のような顔色のはずだ。 丈月城『カンピオーネ! 02 魔王来臨』より引用
  • アルクェイドは腹を真っ赤に染めたまま、苦しげに男を睨み返していた。 奈須きのこ『月姫 アルクェイド・ブリュンスタッド』より引用
  • 見ればとなりで春香まで何やらぽーっとした顔で頬を真っ赤にめている。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第01巻』より引用
  • 琥珀さんに話を振られた翡翠は、耳まで真っ赤に染めて俯いてしまった。 奈須きのこ『歌月十夜 18 遠野家多妻物語』より引用
  • 私はコップ半分のビールで首から上を真っ赤に染めた水木に聞いた。 足立倫行『妖怪と歩く ドキュメント・水木しげる』より引用
  • 顔を真っ赤に染め、唇と固く握った両の拳を、わなわなと震わしている。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ06 人面魔獣の挑戦』より引用
  • 羞恥しゅうちで顔を真っ赤に染めた彼女は、今まで見たなかでいちばん可愛かわいらしい。 丈月城『カンピオーネ! 02 魔王来臨』より引用
  • あながち外れではない為吉の指摘が、富治の目の前を真っ赤に染めた。 熊谷達也『邂逅(かいこう)の森』より引用
  • 今でも顔を真っ赤に染めていた姿がまざまざと目に浮かぶのです。 茅田砂胡『デルフィニア戦記 第08巻 「風塵の群雄」』より引用
  • キノは顔を真っ赤に染めてとなりに倒れている男を、ちらっと見た。 時雨沢恵一『キノの旅 第02巻』より引用
  • 翡翠はスカートを両手で押え、頬を真っ赤に染めてこっちを睨んでいる。 奈須きのこ『歌月十夜 21 胡蝶の夢』より引用
  • ジンベイザメに共感した女の子は、中学に入ると髪を真っ赤に染めた。 永沢光雄『AV女優(下)』より引用
  • 目を真っ赤にめていたのは悲しみの色だけだった。 新井輝『ROOM NO.1301 03 同居人はロマンティック?』より引用
  • グレイスは圧迫されていたためか顔を真っ赤に染めながらも、抗議してくる。 白瀬修『おと×まほ 第01巻』より引用
  • なんとか君は逆に顔を真っ赤に染め、ほとんど呪詛じゅそみたいに低くうなる。 竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ! 第02巻 虎、肥ゆる秋』より引用
  • 顔中を血で真っ赤に染めた若者が、警官に両脇を支えられ、パトカーに乗せられた。 野沢尚『龍時(リュウジ)02―03』より引用
  • 叫び切り、北村きたむらは顔をに染めてすみれに向かって頭を下げた。 竹宮ゆゆこ『とらドラ! 第06巻』より引用
  • プリネシカは耳まで真っ赤に染めながら顔の前で手を振った。 榊一郎『神曲奏界ポリフォニカ 03 スパーティング・クリムゾン』より引用
  • 次へ »