県政刷新

16 の用例 (0.00 秒)
  • 龍野の所属する県政刷新クラブは最も野党色の強い政党だと聞いている。 姉小路祐『殺意の法廷』より引用
  • 山本は、県政刷新を掲げたが、支持を広げられず及ばなかった。
  • 橋本は若さと県政刷新を訴え、民主党などの政権与党の推薦を受けて選挙戦を展開したが、及ばず。
  • 同年5月には日本社会党山梨県本部や農政連を中心に県政刷新連が組織され、10月の県議会議員選挙では天野派と反天野派が拮抗する状態となった。
  • 共産党公認の島津は浜岡原発の廃炉を前面に掲げ、県政刷新を目指したが同党支持層もまとめきれず及ばなかった。
  • 県政刷新クラブの龍野たつのという一風変わった市議だという。 姉小路祐『殺意の法廷』より引用
  • その大久保は現県政を批判し、県政刷新や知事選初の女性候補であることもアピールしたが、県民への浸透が進まなかった。
  • 共産党からの支援を受けた松本は、文化振興や浅川ダム建設凍結などの主要政策を打ち出し、県政刷新を訴えたが、選挙戦終盤では阿部と腰原の争いに隠れる形となり、支持を広げられなかった。
  • 共産党推薦の三輪は中学3年生までの医療費の窓口完全無料化や原発ゼロ、独自の奨学金制度の実施などを訴え、県政刷新を目指したが、支持が広がらず及ばなかった。
  • 共産党公認の藤井は、上関原発計画撤回やアメリカ軍岩国基地の機能強化反対を訴え、県政刷新を訴えたが及ばなかった。
  • 一方の共産党推薦の田中は、橋本の多選を批判し、県政刷新と東海第二原発の再稼働反対などを訴えたが、現職の根強い支持には及ばなかった。
  • このような中、保守系の反武市派県議と革新陣営は共同で県議会で武市知事4選出馬断念勧告決議案を可決し、県政刷新議員連盟を組織して反武市派の知事候補擁立を決定する事態となった。
  • 後藤田を中心とする反武市派は、武市県政に対する批判を強めていた徳島新聞の森田社長の後押しもあり、県政刷新議員連盟の中から三木申三を知事候補に擁立することになり、知事選は武市と三木申三の事実上の一騎打ちとなった。
  • 一方、政権与党である民主党と国民新党の推薦を受けた山内は「県政刷新」を掲げ、岡田克也党幹事長など党幹部が相次いで来県し、民主党とのパイプの太さを前面に打ち出して選挙戦を戦ったものの知名度で三村に劣り、大差をつけられ落選した。
  • 自民党県連執行部が現職である伊賀を推さず、共産党以外の野党が県政刷新に向けて自民党と手を結ぶというイレギュラーな構図で、保革あい乱れ5人が立つ、激戦となった。
  • 現職の吉江勝保の対抗馬を探し、民主党県議会議員の星野重次、社会党議員の丸山三郎、労働組合幹部の竹中英太郎らは天野に対して出馬を打診を受し、同年3月12日には県政刷新連盟が結成される。