県の外郭団体

21 の用例 (0.00 秒)
  • 長崎県には県の外郭団体が運営する予備校が2010年度末まであった。
  • 施設は千葉県が所有し、県の外郭団体である同センターが運営管理を行っている。
  • 法人は千葉県の外郭団体で、県や県内9市、県内企業が出資している。
  • 福岡県職員とその退職者及び県の外郭団体などを対象とした職域の信用組合である。
  • 岩手県職員や、岩手県の外郭団体職員を対象とした職域の信用組合である。
  • 施設は秋田県が所有し、県の外郭団体である秋田県総合公社が指定管理者として運営管理を行っている。
  • また新潟県と新潟市が指定管理者制度を導入して以来、特に県有施設に関してはNSGグループと県の外郭団体による共同グループが選定されるケースが多く、こうした事から運営の透明性に対する疑問が生じることも予想される。
  • 福島県の外郭団体、福島県観光開発公社の経営である。
  • 施設は石川県が所有し、県の外郭団体である石川県県民ふれあい公社が指定管理者として運営管理を行っている。
  • 施設は岡山県が所有し、県の外郭団体である公益財団法人倉敷スポーツ公園が指定管理者として運営管理を行っている。
  • 三重県職員とその退職者及び県の外郭団体などを対象とした、職域の信用組合である。
  • 施設は宮城県が所有し、県の外郭団体である宮城県スポーツ振興財団が運営管理を行っている。
  • 施設は福島県が所有し、県の外郭団体である公益財団法人ふくしま海洋科学館が指定管理者として運営管理を行っている。
  • 同園は現在、岡山県が所有管理するが、管理業務については県の外郭団体である財団法人岡山県郷土文化財団が県からの受託業務として行っている。
  • 帰高後、高知県の外郭団体たる高知県体育協会の職員になり、その後高知県職員となる。
  • ところが、2006年に田中康夫・前長野県知事が知事の任期は切れたにもかかわらず、慣例等に基づいて知事の職にある者が就任していた県の外郭団体の長などの「あて職」を辞任せずその職に居座るという事件が起きた。
  • 施設管理は、開業当初は県の外郭団体であった「大分スポパーク21」が、その後大分県の機構改革により、同法人と同じく外郭団体だった大分県文化振興財団が統合された「大分県文化スポーツ振興財団」が行っていた。
  • 施設管理は、2001年の開園当初は大分県の外郭団体であった「大分スポパーク21」が、その後大分県の機構改革により同法人と同じく県の外郭団体だった大分県文化振興財団が統合された「大分県文化スポーツ振興財団」が行っていた。
  • なお、高知県道路公社は高知県の外郭団体改革の一環として、当道路の償還完了をもって廃止された。
  • 高知県の外郭団体改革の一環として、2014年3月31日に高知桂浜道路の無料開放に伴って解散した。