相馬大作

78 の用例 (0.00 秒)
  • 相馬大作が、武器も選ばず、旧式のを使っていたと噂されては、心外だ。 直木三十五『三人の相馬大作』より引用
  • こういっても信用せんかも知れんが、あの男は実は相馬大作の忘れがたみ。 山田風太郎『警視庁草紙(下)』より引用
  • 相馬大作が兵原塾の高弟であったということは公然の事実であったからだ。 山田風太郎『忍法陽炎抄』より引用
  • 江戸では相馬大作の津軽藩主の暗殺は成功していたのではないかという噂が流れていたからである。
  • 江戸にいる相馬大作を何とかして仕止めたいとねらって逆に返り討ちになったものだ。 山田風太郎『忍法陽炎抄』より引用
  • しかし地元の案内人から、相馬大作の暗殺は失敗であったということを松陰は確認した。
  • 相馬大作事件が大衆に知られて人気が出たのは、柴田の高座からであると言われている。
  • なお、この一件は相馬大作事件の107年も前の出来事である。
  • わたくしはこの偶然の符合のために、ここに相馬大作の事を説こうとするのではない。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • そして、相馬大作は、来たときと同じように、風みたいに夜の中へ消え去った。 山田風太郎『伊賀の聴恋器』より引用
  • 抽斎の相続したと同じ年同じ月の二十九日に、相馬大作そうまだいさくが江戸小塚原こづかはらで刑せられた。 森鴎外『渋江抽斎』より引用
  • 秀之進の用いた別名である相馬大作が事件名の由来である。
  • この本の影響を受けて儒学者の芳野金陵は『相馬大作伝』を著した。
  • この相馬大作事件によって、矢立峠は講談等を通し、全国に知られることになる。
  • 江戸時代の講談に取りあげられた「相馬大作事件」の種本や刊行物の類は現在は発見されていない。
  • さすがは兵原塾の高弟だけあって、相馬大作はよくこの妖忍の剣技の秘密を看破していたといえる。 山田風太郎『伊賀の聴恋器』より引用
  • お身が、相馬大作といっても、大作はわし一人しか無い。 直木三十五『三人の相馬大作』より引用
  • 事件の主人公は、通称相馬大作、本名は下斗米しもとまい秀之進将真まさざねである。 海音寺潮五郎『列藩騒動録(三)』より引用
  • 江戸後期には相馬大作事件の様に、盛岡藩の藩士が弘前藩主津軽寧親を暗殺しようとした事件も起きている。
  • 塔ノ辻無近が、相馬大作とめぐり逢ったのは、その年の九月半ばの或る夜のことであった。 山田風太郎『伊賀の聴恋器』より引用
  • 次へ »