相馬圭一

20 の用例 (0.00 秒)
  • 相馬圭一郎であれ、古森芳樹であれ、問題は一昨夜十時から十一時までの間どこにいたか、という点である。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • 相馬圭一郎が帰っているかどうかを探るために、志村が店内の電話を使って彼のアパートに電話をかけた。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • それが分かったから、佐久田は、確実なアリバイが作れたのだろうし、その時刻の前後に相馬圭一郎を月の湯館の近くまで行かせることができたのにちがいない。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • 相馬圭一郎は、服部教授を一度短刀で刺そうとしているんだ。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • 残りは相馬圭一郎一人だが、彼についても、一日夜の修善寺近辺における目撃者捜しを続けているにもかかわらず、まだ彼らしい男を見たという者は見つかっていない。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • 志村が、相馬圭一郎に早急に当たる必要があるなと考えていると、神山がまた意外な話をした。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • もう一つは、やはり今日の午後零時四十分頃、〝相馬圭一郎が山形の実家に電話をかけてきた〟という事実であった。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • 志村たちはそう判断して、相馬圭一郎に会うのは後回しにし、地下鉄を乗り継いで、東京駅へ向かった。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • だが、〈相馬圭一郎は取り調べの刑事たちの作文に沿った嘘の供述をしたのではないか〉という壮の考えは、ほぼそのとおりだったと裏づけられた。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • 横浜北署の薬師寺のもとに、〝たった今、相馬圭一郎を捕捉した〟と間宮から電話があったのは、その晩八時近くだった。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • 神山が先に帰った後、志村と間宮は水をお代わりし、相馬圭一郎と古森芳樹に、真紀を殺す動機のある人間がもう一人加わったことを確認した。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • 間宮は最後に、相馬圭一郎が服部に襲いかかったときの様子について桐生に質し、彼を解放した。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • いかに言葉を選んで説明しようと、彼らが相馬圭一郎から引き出した供述は虚偽ではないか、つまり、それは圭一郎を脅し、刑事たちの書いた作文に沿うように彼を誘導した結果ではないか、というのだから、当然である。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • 相馬圭一郎の住んでいるアパート「山城ハイツ」は、西武新宿線の上石神井かみしやくじい駅から歩いて七、八分のところにあった。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • 相馬圭一郎と桐生利明が消えれば、あとは古森芳樹か、服部に性的な暴行を受けたと考えられる女性の関係者である。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • 更に、相馬圭一郎が服部啓吾を襲って怪我をさせてから真紀が不審死を遂げるまでの間に、佐久田が駅のホームから転落するといった「事故」まで起きていた。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • これで、昨日と今日の捜査で名の挙がった相馬圭一郎、古森芳樹、桐生利明という三人の〝容疑者候補〟の中から、志村たちはまず桐生の名を消した。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • 待っていた滝田たちと四十分ほど話し合った後、仮眠室になっている柔・剣道場で朝までやすみ、今朝は地取り班に交じって修善寺の温泉街を聞き込み、「オートバイに乗った相馬圭一郎らしい男」の目撃者捜しをした。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • 一人は、姉・聡子のかたきだといって短刀で服部啓吾を襲った、相馬圭一郎という大学生であり、もう一人は、聡子に裏切られただけでなく、服部啓吾に研究室まで追い出された古森芳樹という高校教師である。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用
  • いや、志村のような下っ端はいいが、滝田警部や、相馬圭一郎の尋問を中心になって進めた間宮は、内心、できれば薬師寺の話を蹴飛ばしたかったにちがいない。 深谷忠記『横浜・修善寺0の交差 「修禅寺物語」殺人事件』より引用