相槌を打つ

257 の例文 (0.00 秒)
  • その話に適当な相槌あいづちを打ちながら、わたしは彼女の唇の動きを見ていた。 ...
  • 私もそこへ座って食事をし、彼女達の話に相槌あいづちを打ったり笑ったりした。 ...
  • しかし誰も真面目に相手にならずに、稀にいい加減の相槌を打っている。 ...
  • 相手の話に軽く相槌を打ちながら、ウェイターにコーヒーだけ注文する。 ...
  • 昔は同僚の話に相槌を打っているだけの、口数の少ないホステスだった。 ...
  • だが彼はどこかテレビや小説の話を聞いているような気持ちで相槌あいづちを打っていた。 ...
  • そうか、などと相槌あいづちを打っている声にも静かな怒りのようなものが感じられた。 ...
  • カラの声をぼんやりと聞きながら、相槌を打つことだけは忘れなかった。 ...
  • 私はこの見解に、魅音も同じように考え相槌を打ってくれると思った。
  • 皆が適当に相槌を打っているうちに、演説のテーマが変わったらしい。 ...
  • 私も、意外に緑の多い東京の街に眼をやりながら、そのたびに相槌あいづちを打った。 ...
  • ほかの女生徒たちが申し合せたように首を振って無言の相槌を打った。 ...
  • 機械的に話す中年の医者に、私はからだ中の力が抜けたまま相槌あいづちを打った。 ...
  • そいつのわけのわからない日本語に相槌あいづちを打ちながら時間を潰した。 ...
  • 相槌あいづちを打ったりしたら、きっとまたDVDをセットしはじめるに違いない。
  • 細谷は適当に相槌あいづちを打ちながらも、写真のことが気になって仕方がなかった。 ...
  • 父が気詰まりをなくすために話をして、私も時々それに相槌あいづちを打った。 ...
  • 次へ