相容れない複数

4 の用例 (0.00 秒)
  • この批判によれば、観察されたデータは、相互に相容れない複数の理論によって基本的に説明できるのだから、実在論流の理論観は誤りと言える。
  • 無理な強弁の部分を慎重に避けて読むならば、『モーセと一神教』が示しているのは、歴史は複数存在する、あるいは、質的に異なり互いに相容れない複数の歴史意識・歴史感覚が一個の人間のなかに存在しうる、ということなのだ。 フロイト/渡辺哲夫訳『モーセと一神教』より引用
  • この箇所が問題となるのは、jhmという動詞が「従う」とも「導く」とも「引き止める」とも訳すことができ、よって人生の疲れとされているものの意図について相容れない複数の解釈が可能であるからである。
  • この相容れない複数の「歴史」のあいだの緊張において、フロイトの不徹底、困惑、混乱のみを見るか、それとも、巨大なパースペクティヴの出現に驚嘆するか、これは『モーセと一神教』の読者の感性に委ねられる事柄である。 フロイト/渡辺哲夫訳『モーセと一神教』より引用