相好

全て 名詞
567 の例文 (0.01 秒)
  • 併し孫四郎の冷たい表情の裏には同じ相好さうがうの運命の顔があるやうな気がした。 ...
  • が、その後には、思わず相好そうごうが崩れてしまうのをどうすることもできない。 ...
  • あそこへ埋めておいて、相好の見分けがつかなくなるのを待っていた。 ...
  • 少女の顔はひどく相好が変っていたが、絶望的な死の恐怖がまだ残っていた。 ...
  • ベッドに横たわった少女は、顔の筋肉が弛緩して相好が変わって見える。 ...
  • 警察がやってきて高里に死体の確認を求めたが、相好の区別などつくはずもなかつた。 ...
  • その間でいちばん早くきげんを直して相好そうごうを変えたのは五十川いそがわ女史だった。 ...
  • ときどき鏡の中に見かける顔、まごう方ないわたし自身の相好そうごうなのだ。 ...
  • 啓太、こんな時だというのについ「にへえっ」と相好そうごうくずしてしまった。 ...
  • そうすると、君がいま見ているように、相好がまるで変わってしまう。 ...
  • かみをおろして相好さうがうは変つてゐても、大塩親子だと分かつたからである。 ...
  • 剛と違っているのは、その男の姿が相好そうごうの判断もつかないほど血で汚れていることだった。 ...
  • 一晩のうちにあんなに相好そうごうのかわった人物を、私はまだかつて見たことがない。 ...
  • むしろ願ってもないことじゃとでもいうように、相好を崩しおったよ。
  • 教場でむつかしい顔ばかりしていた某教授が相好そうごうを崩して笑っている。 ...
  • まさか子や孫を憎いとは思わぬが、つい相好を崩すおのれが嫌でたまらぬ。 ...
  • 相手の相好が見て取れるほどになったとき、田中は足を止めた。 ...
  • 次へ