相反則

10 の用例 (0.00 秒)
  • それでは露光時間を倍にしても露光量が正確な倍にならず、一種の相反則不規が発生する。
  • これを相反則不軌といい、夜景や天体写真などでは問題となる。
  • 露光時間が極端に短かったり長かったりする場合には、相反則が成立しないことがある。
  • 相反則不軌は天体写真を撮る時などに大きな問題となる。
  • カラーフィルムでは色毎に相反則不軌の状態が異なるため、カラーバランスが崩れる問題がある。
  • これを相反則という。
  • フィルム写真は相反則不軌という現象があり、長時間露出をすると感度がかなり落ちる。
  • これを相反則の原理という。
  • また、長時間露光を行うとフィルムでは相反則の原則が崩れ、露出アンダーになったりカラーバランスが崩れることがある。
  • これを相反則不軌という。