相前後

355 の用例 (0.00 秒)
  • しばらくしてどれかが下降し始めると他のものもまた相前後して下降する。 寺田寅彦『破片』より引用
  • いずれにしても、二人が同一機会に相前後して殺害されたことは明らかである。 森村誠一『棟居刑事の復讐』より引用
  • 相前後して1600年にはイングランドがイギリス東インド会社を設立した。
  • 貞観5年当時流行していた咳逆病によって、弟の定と相前後して死去した。
  • いや、寂しい場所にある公衆電話の雨の夜の相前後した使用者は限られる。 森村誠一『日蝕の断層』より引用
  • 英国の鉄道建築師らが相前後してこの国に渡来するようになったのも不思議ではない。 島崎藤村『夜明け前』より引用
  • 長徳元年に大流行した疱瘡により、道隆・済時らと相前後して世を去った。
  • 録音関係者のほぼ全員が相前後して同じような経験を味わった。 半藤一利『日本のいちばん長い日』より引用
  • また同じ東海道を猶父ゆうふであった龍山と吉田兼見が相前後して道を急いでいた。 茶屋二郎『遠く永い夢(下)-関ヶ原 戦勢逆転の真実-』より引用
  • 相前後してアメリカは海外への進出を始めるのである。
  • 即ち古い手法の残りと新しき技法の初めとが相前後して渡来した訳であった。 小出楢重『油絵新技法』より引用
  • 弥生子がこの店を始めたのと相前後して、亮司は『きりはら』を出てきた。 東野圭吾『白夜行』より引用
  • 二つの窓の灯の相前後した点滅は無視できない関連である。 森村誠一『殺人の組曲』より引用
  • ダーターも相前後して同じ目標を攻撃していたが、結果はデイスと同じだった。
  • どちらからともなく、私たちは相前後しながら歩き出した。 小池真理子『狂王の庭』より引用
  • 田中の訪ソと相前後して世界を震撼させる出来事が起きていた。 水木楊『田中角栄 その巨善と巨悪』より引用
  • 司令部の門を出ると、佐山君と相前後して戸塚特務曹長が出て行った。 岡本綺堂『探偵夜話』より引用
  • 別件の独立した事件であれば、二件の犯人は期せずして相前後して行動を起こした。 森村誠一『ホーム アウェイ』より引用
  • 二十年前、裕之の父が海で遭難しかけたのと相前後して、母がいなくなった。 鈴木光司『仄暗い水の底から』より引用
  • 別に変ったこともなく、かれらは相前後して門前に近づいた。 岡本綺堂『中国怪奇小説集』より引用
  • 次へ »