相伴

全て 名詞
452 の例文 (0.00 秒)
  • おれも一度だけ楊偉民と葉暁丹の会食に相伴させてもらったことがある。 ...
  • ただ、いっしょに語り、相れてその辺を散歩するだけで満足だった。 ...
  • ご相伴させてもらった夕食の様子を見ていてもそう思った。 ...
  • 仲間外れの志摩子も、酒のにおいだけはたっぷりお相伴しようばんすることになった。 ...
  • 實は生そのものであつて、すべての人、すべての生物は皆之を相伴しやうばんしてゐる。 ...
  • そのときあなたも相伴しようばんなされる、ということにいたされてはいかが?
  • 私も三口四口お相伴にあずかったが、これで元気を取りもどしたのがわかった。 ...
  • 名実相伴ふ行動が無理とあれば、平凡ながら名を後に、実を先にといかうか? ...
  • 俊介が煙草に火をつけると、私もお相伴しょうばんしようといって藤間も煙草を取ってきた。 ...
  • ここへ呼びよせたのは、おまえにも相伴しようばんさせてやろうと思ったからだ。
  • 次の間を相伴客の席に使ったとしても三畳の空間である。 ...
  • 次郎が一人ではきまりが悪そうだから、あたしたちもお相伴しょうばんいたしましょうよ。
  • ギュンターがお相伴しょうばんするのはいやではないが、この人にしては本当に珍しいことだと思う。 ...
  • 離れに押し込められてからは、手代二人が食事のお相伴をすることになっていた。 ...
  • むしろ相伴しょうばんの相手、あるいはさかなとして楽んでいる向きさえあった。 ...
  • そんな時兄も相伴しょうばんをなさいますが、「自分には中串ちゅうぐしを」と必ずいわれました。 ...
  • 政治の勢力による開發と相伴ひて奧州の文明を進め導いたのは宗教の勢力である。 ...
  • 次へ