直通臨時列車

12 の用例 (0.00 秒)
  • 当日は開場時間に合わせて、難波駅から会場まで直通臨時列車が運行される。
  • この列車が初めての阪神から近鉄への直通臨時列車となった。
  • 戦後、観光シーズンには京阪線との直通臨時列車として臨時急行「いわふね号」が設定されていた。
  • この場合、通常の池袋線直通列車に加え、池袋線・新宿線直通臨時列車が設定される。
  • また、神戸・大阪方面から京都貨物駅 - 丹波口駅間の山陰連絡線を利用して、山陰本線嵯峨嵐山駅への直通臨時列車が運転されたこともあったが、現在は運転されていない。
  • なお、同催事が雨天などで運転日に実施できない場合は東京湾大華火祭直通臨時列車と同様に予備日には運転されないことになっているが、東急東横線内の臨時ダイヤは実施される。
  • 平日指定日の1日1往復で、京都側のターミナルが河原町から嵐山に変更されてはいるものの、実質的には前述の大阪万博開催時の直通臨時列車運転以来、約40年ぶりに事実上の復活となった。
  • また、平日の朝と夕方以降に彩都線定期直通列車が千里中央 - 彩都西間で運行されるほか、万博記念競技場でJリーグの試合がある場合は千里中央から彩都線へ直通臨時列車が運行される。
  • ただし、大晦日にはJRからの直通臨時列車が設定される場合もあるほか、東京湾大華火祭、コミックマーケット期間等にも臨時列車が設定される。
  • その後、2010年から春秋の行楽シーズンに梅田駅および河原町駅と嵐山駅を結ぶ直通臨時列車として3年ぶりに「快速特急」の種別が復活した。
  • なお、「快速特急」の種別名称は、2010年度より行楽時の嵐山線直通臨時列車の種別として復活した。
  • また、夏季には海水浴客のために能登高浜まで、正月には初詣客のために能登一ノ宮まで、金沢からの直通臨時列車が乗り入れていた。