直通列車

1,102 の用例 (0.02 秒)
  • 朝と夕方および博多方面直通列車では415系で運転される列車がある。
  • 地下鉄烏丸線からの直通列車も含めてすべて6両編成で運転されている。
  • 本長篠駅までの直通列車が設定されるようになったのはこの時からである。
  • 直通列車を中心に運転距離は長いものの、トイレは設置されていない。
  • かつては当駅まで長野・新宿方面から直通列車が運転されていた。
  • 基本的に線内ピストン運転を行うが、下り方を中心に本線直通列車もある。
  • 後述の直通列車も上り列車の場合は竹田駅で行先のみの表示に変更される。
  • 一日17往復の列車すべてが京釜線龍山駅からの直通列車となっている。
  • かつては秩父鉄道直通列車の分割・併合が行われていたことがあった。
  • 日比谷線直通列車の多くは元住吉駅において特急の通過待ちを行っていた。
  • これは、ジュネーブ発バルセロナ行きのただ一本の昼間直通列車である。 小岸昭『スペインを追われたユダヤ人 ―マラーノの足跡を訪ねて』より引用
  • かつては京都方面からの直通列車が終日にわたって設定されていた。
  • 上り列車は、東京貨物ターミナル駅と百済駅への直通列車となっている。
  • 試合終了後も池袋行のほか有楽町線・副都心線直通列車が数本運転される。
  • 隣の五松駅に停車する全羅線直通列車は当駅に停車しない。
  • 観光路線として全通するとすぐに東京駅からの直通列車の運転が開始されている。
  • 北部はタイ国鉄に接続しており直通列車が運行されている。
  • 山陰本線支線の駅であるが、基本的には本線系統への直通列車はない。
  • 戦前に一時行われていた南海の南紀直通列車は1951年に復活した。
  • 当駅をまたぐ直通列車が設定されていた時期もあるが、後に運行されなくなった。
  • 次へ »