直径二〇センチ

17 の例文 (0.00 秒)
  • そして一メートルを過ぎた辺りで直径二〇センチほどの棒状になっていた。 ...
  • 用意してあった直径二〇センチほどの丸太を下半分の板の穴に通し、上の板を下ろす。 ...
  • 直径二〇センチほどの穴をえぐり抜くのに、二分とかからなかった。 ...
  • 直径二〇センチ近い杉の樹が、まるで、マッチ棒のように、折れて倒れていく。 ...
  • 直径二〇センチ、高さ二メートルほどの木の幹であった。 ...
  • 直径二〇センチほどの血溜りが床上に跳ね、点々と入り口の方へつづいている。 ...
  • 直径二〇センチはあるパイプ状の胴体をムチのように、しならせる。 ...
  • 五・五六ミリ高速炸裂弾は、彼方の車体と壁に直径二〇センチほどのすりばち状の穴を抉った。 ...
  • そばにはボストンバッグと、直径二〇センチぐらいの大型ハンディライトがある。 ...
  • 何しろ正一の肉体をからめ取った胴体は直径二〇センチもあり、長さも全体で七、八メートルはある。 ...
  • 直径二〇センチ、長さ一メートルほどの円筒型のブイだ。 ...
  • おれはバッグのポケットから直径二〇センチ、高さ一〇センチほどのドームを取り出し、居間の中央に置いた。 ...
  • 「私が使ってるのは、若いころ子守に働きに出たとき、お給金に払うお金が足りないっていうから、そこのうちの上等なクロックをもらってきたものだし」 直径二〇センチのその立派なクロックのなかでプリックとにんにくを叩いてから、彼女は頭と足と殻を取ったメンダーを入れる。 ...
  • それに、『都』からの連絡じゃ、天文台が観測した流星のサイズは、直径二〇センチにも満たねえ小物だそうだ。 ...
  • そのうえ直径二〇センチの鍋なら、重さはじゅうぶん五キロを超す。 ...
  • 体長は一メートル半、直径二〇センチほど。 ...