直弟子

全て 名詞
333 の例文 (0.01 秒)
  • ただし作刀年代等から見て、必ずしも全員が正宗の直弟子とはいえない。 ...
  • 時臣の直弟子である自分と比較しても、せいぜいが同格の立場であろう。 ...
  • 直弟子はいなかったが、戦後も活躍した千葉琴月は薫陶を受けた一人。 ...
  • 数ヶ月以内に他の多くの直弟子たちも同じ運命をたどっている。
  • 疋田景兼自身やその直弟子のほとんどは流儀名を新陰流のまま伝えていた。 ...
  • その後数ヶ月内に他の多くの直弟子が同じ運命をたどった。 ...
  • つまり直弟子の、ええと慧行だとかがまだ生きているうちですね。
  • 現在は東京都と東京都の近郊の演芸会場を中心に直弟子や仲間たちと精力的に活動を行っている。
  • 口はばったいようやが、わしは祇子先生の直弟子やと思うとる。 ...
  • 七年後、円仁は初めて二十五歳になった僧に声をかけ、自分の直弟子にした。 ...
  • その気になれば、その記憶力だけで左夫子の直弟子にとりたてられることも可能だったろう。 ...
  • 襲名には直弟子でなかった事などから異論や反対も多かった。 ...
  • 三木淳さんが館長に就任したのは、たんに直弟子であったという理由だけではない。 ...
  • 直弟子は全員が名前の最後に「生」の文字を用いているため名前を見ると鹿内一生の弟子であることが簡単にわかるようになっている。 ...
  • 彼女は、落語協会が公認した初の直弟子として扱われている。 ...
  • その後10代目まで直弟子によって名跡が継承されていたため大坂の流れを保ち続けていた。 ...
  • 作風から正宗十哲に数えられているが、正宗の直弟子としてみるには年代が離れている。 ...
  • 次へ