目新しい

全て 形容詞
499 の用例 (0.01 秒)
  • けれども吾々は決して何か目新しいものを提供しようとするのではない。 戸坂潤『空間概念の分析』より引用
  • こういった状況で彼らが仕事をしていることが、四季には多少目新しい。 森博嗣『四季 2 夏』より引用
  • おれはとにかく、何か目新しいことがやりたくてうずうずしていたんだ。 トウェイン/刈田元司訳『ハックルベリ・フィンの冒険』より引用
  • 彼女にとって私は単に目新しい存在にすぎないのかと思っていたからである。 クリスティ/赤冬子訳『茶色の服を着た男』より引用
  • 彼の話は一つの恋物語として、たいして目新しいものとも思えなかった。 井伏鱒二『多甚古村』より引用
  • 人間の世界では、見るもの、聞くものすべて目新しいものばかりだった。 水野良『ロードス島戦記 1 灰色の魔女』より引用
  • 連絡がないというのは、今のところ目新しい展開はないということだ。 村上春樹『1Q84 BOOK2』より引用
  • 使っている人がタイプした文字をその場で見ることができる点が目新しかった。
  • 今夜はそうした馬鹿げた提案でも、何か目新しいものが出てくるだろうか? ハインライン『愛に時間を2』より引用
  • より目新しく、凶悪な事件に興味が移っていくのは仕方のないことか。 片山憲太郎『電波的な彼女01』より引用
  • 目新しい商品開発に取り組む部が存在しなかったせいでしょう、保守的に。 入間人間『電波女と青春男 第06巻』より引用
  • 以降、電気・電子関係の技術を使った目新しい玩具でヒットを出した。
  • 毒を巧みに飲ませることなど犯罪史においては目新しいことでもない。 ドイル・アーサー・コナン『緋のエチュード』より引用
  • その通信販売の商品の種類にも限りがあって、近頃は目新しい物はなかった。 野田秀樹『当り屋ケンちゃん』より引用
  • しかし、それだけでは消費者には何も目新しい発見がありません。 佐藤正明『陽はまた昇る 映像メディアの世紀』より引用
  • 本作も例外ではなく、純粋にゲームとして見た場合それほど目新しい要素はない。
  • というのはだ、君にもわかるだろうが、ことさら目新しい特徴がないんだ。 クリスティ/小西宏訳『「ポワロ参上!」4』より引用
  • メンバーはすべて女性であるというのが、当時としては目新しかった。 森瑤子『ある日、ある午後』より引用
  • すくなくとも女中たちが目新しく印象した事は一ツもなかったらしい。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用
  • 何でもきれいなもの、目新しいもの、品のいいものがお好きなんだ。 関容子『日本の鶯堀内大學聞書き』より引用
  • 次へ »