目を覆い

85 の用例 (0.01 秒)
  • レナード・マッコイは腕で無造作に目を覆って寝だなに横になっていた。 ロッデンベリイ『スター・トレック3/ミスター・スポックを探せ!』より引用
  • その証拠に、此の頃の縫針の出来の悪さは、まさに目を覆うものがある。 向田邦子『無名仮名人名簿』より引用
  • ほこりから目を覆った瞬間、砕けた岩よりも巨大なものが空中に飛び出した。 ベニー松山『風よ。龍に届いているか(上)』より引用
  • ニコはいちおう両手で目をおおっていたが、不自然に指の間が開いていた。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第13巻 紅の騎士に願うならば』より引用
  • 自分の両手で自分の目をおおっていたのにすべてのものが見えた。 林真理子『短篇集 少々官能的に』より引用
  • 濃いサングラスで目をおおかくし、引き結んだ口元に感情は感じられない。 阿智太郎『僕の血を吸わないで2』より引用
  • ロレンスはそこまで考えて目をおおい、暗闇くらやみの中で口だけをみの形にした。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅳ』より引用
  • まわりは目を覆いたくなるような行動に及んでいるカップルばかりである。 山崎マキコ『ためらいもイエス』より引用
  • 少女たちの中には、「きゃー」と嬌声きようせいをあげて両手で目を覆う子もいる。 今邑彩『双頭の蛇(「蛇神」シリーズ第3巻)』より引用
  • 恭子が前髪を伸ばして、目をおおうような格好にしていることがあった。 江川紹子『私たちも不登校だった』より引用
  • 爆発と風のうずおさまった時、そこに展開てんかいしていたのは目をおお惨状さんじょうだった。 山本弘『サーラの冒険 6 やっぱりヒーローになりたい !』より引用
  • 悲しみが彼女の目を覆い、エドモンの面影しか彼女には見えなかったのだ。 アレクサンドル・デュマ/泉田武二訳『モンテ・クリスト伯(1)』より引用
  • 暗闇の中でのまぶしい光に、二人は反射的に手をかざして目を覆った。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 02 ハリー・ポッターと秘密の部屋』より引用
  • たしかに当時の731上層部の腐敗ぶりには目を覆うものがございました。 森村誠一『新・人間の証明(上)』より引用
  • アイディアファクトリースレのレベルの低さは目を覆うものがある。
  • そして今や人間と妖精さんとの間に、目をおおうような悲劇は見られません。 田中ロミオ『人類は衰退しました 01』より引用
  • 体裁が悪く、目を覆いたくなるようなものも決して少なくなかった。 エディングス『ベルガリアード物語3 竜神の高僧』より引用
  • ハリーが前のほうを見ると、ハーマイオニーが両手で目を覆っているのが見えた。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 05b ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(下)』より引用
  • 少年ダヌキが見えていませんよ、と言いたげに前足で目をおおっていた。 有沢まみず『いぬかみっ!04』より引用
  • 普通は六年で目をおおうほどひどい有様になることは少ないのですが。 小野不由美『十二国記 09 黄昏の岸 暁の天』より引用
  • 次へ »