目を瞬く

28 の用例 (0.00 秒)
  • 瞳子とうこちゃんの口から飛び出した思いがけない言葉に、祐巳ゆみは目を瞬かせた。 今野緒雪『マリア様がみてる 19 イン ライブラリー』より引用
  • うつ向いたまま目をまたたく彼が、今にも泣き出すのではないかと治夫は思った。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 何が起こったのかまるで意味がわからず、目をしぱたたかせながら立ちくすしかなかった。 鈴木大輔『ご愁傷さまニノ宮くん 02』より引用
  • 御村が玄関を開けて中の様子に目をしばたたいた。 森永あい『原作/塚本裕美子 著 山田太郎ものがたり たのしいびんぼう』より引用
  • 事情を知らないチェチリアが、少し不思議そうに目をしばたたいている。 三雲岳斗『旧宮殿にて』より引用
  • 不思議そうに金茶の目をまたたかせただけだった。 小野不由美『十二国記 08 図南の翼 小野不由美』より引用
  • 目をしばたたかせる大輔の腕をつかんだ沙弥子は、駅に向かって歩き始めた。 新田一実『時の迷宮の舞姫 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 和穂は目をしばたたかせたが、影の素早すばやい動きに焦点しょうてんを合わせることが出来ない。 ろくごまるに『封仙娘娘追宝録09 刃を砕く復讐者(下)』より引用
  • そんな様子に当惑しながら、なお詮索の目をまたたかせ、市原は微笑し直した。 石原慎太郎『化石の森』より引用
  • 紗枝子が不安そうに目を瞬いて、自信のない口調で言った。 内田康夫『贄門島(にえもんじま)下』より引用
  • 目をしばたかせながら、葉介は一瞬呆気あつけに取られた形になった。 原田宗典『屑籠一杯の剃刀 自選恐怖小説集』より引用
  • 鶴屋さんは俺に向かって目をまたたかせた後、朝比奈さんに目を向けてニコリとした。 谷川流『涼宮ハルヒの陰謀』より引用
  • 届かなかった声に目をまばたくレイムの様子から、乙女は寂しそうに微笑ほほえむ。 流星香『プラパ・ゼータ 4 玻璃色の迷宮』より引用
  • 俺の言葉に春香は驚いたように目をまたたかせていた。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第15巻』より引用
  • そう思ってディスプレイに目をやった彼女は、目を瞬かせた。 機本伸司『神様のパラドックス』より引用
  • 言われた意味がとっさにはわからず加奈子たちは目をしばたたいた。 森永あい『原作/塚本裕美子 著 山田太郎ものがたり たたかう青少年』より引用
  • 依頼人は、目をまたたかせてから、真剣しんけんな口調で用件を口にした。 藤田宜永『野望のラビリンス』より引用
  • なみだこゑしぼ山道やまみちにドツとたふれ、観念かんねんしばたたいて知死期ちしごこととなつた。 出口王仁三郎『霊界物語 rm 39 20080623』より引用
  • 最初きょとんとしていたおまえは、何度か目をしばたたいてから、小刻みにうなずいた。 重松清『疾走(下)』より引用
  • 思ったよりも舞台ぶたいの上は熱く、目をまたたかせているうちに、首筋にあせにじんできた。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第08巻』より引用