目を瞬く

28 の用例 (0.00 秒)
  • 前置きがなかったから何のことかすぐにわからず、祐巳は目を瞬かせた。 今野緒雪『マリア様がみてる 03 いばらの森』より引用
  • 何を言われているのか分からずに、目をまたたかせたままその場にくす。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第12巻』より引用
  • 顔を上げると、香子こうこが不安そうに目をしばたたかせて万里のかたわらに座っている。 竹宮ゆゆこ『ゴールデンタイム 03巻 仮面舞踏会』より引用
  • 何度か目を瞬かせると、ぼやけていた視界が次第にはっきりしていく。 神永学『コンダクター』より引用
  • 続けてコーヒーを飲もうとしていた栞子さんが、眼鏡の奥で目を瞬かせた。 三上延『ビブリア古書堂の事件手帖2 ~栞子さんと謎めく日常~』より引用
  • 感謝の念をこめた目で見上げると、紅塵は驚いたように目を瞬かせた。 玉木ゆら『月にむらくも、恋嵐』より引用
  • 周囲の墓碑の列を見渡して、葵はやや気後れしたかのように目をまたたいた。 虚淵玄『Fate/Zero Vol.4 「煉獄の炎」』より引用
  • 彼はベッドに腰をおろし、うるんだような目を瞬かせながら、私のほうを見た。 小池真理子『柩の中の猫』より引用
  • 目をしばたたかせる竜憲は、何があったのか、まったく気づいていないようだった。 新田一実『妖鬼の呼ぶ声 霊感探偵倶楽部』より引用
  • 最初、たゆねは何が起こったか理解出来ず、ぱちくりと目をまたたかせていた。 有沢まみず『いぬかみっ!06』より引用
  • 孫の部屋にも明かりが点き、定市の妻が目を瞬いて枕許に坐っている。 小野不由美『屍鬼(下)』より引用
  • 少女は目をしばたたかせながら、肯定とも否定ともつかぬ、不思議な表情を見せた。 機本伸司『神様のパラドックス』より引用
  • 丸い額を見返しながら頷き、続く頬と鼻梁びりょうの白さに改めて目をまたたかせる。 竹宮ゆゆこ『とらドラ・スピンオフ! 第02巻 虎、肥ゆる秋』より引用
  • 妙に現実的な言い訳が、鴻の口から出たことに、竜憲は目をしばたたかせた。 新田一実『暗闇の狩人 霊感探偵倶楽部』より引用
  • いつもきちんとしている恵のそんなしどけない姿に若槻は目を瞬いた。 貴志祐介『黒い家』より引用
  • そんな姿勢の母は顔を上げて、暫く無言のまま目を瞬いている。 外村繁『日を愛しむ』より引用
  • 立会った医師が二人まで、目をしばたたいて、学士に会釈しつつ、うなずいた。 泉鏡花『みさごの鮨』より引用
  • 秋葉は目を瞬かせる俺を見つめて、もう一度同じ ことを告げた。 奈須きのこ『歌月十夜 44 直死館殺人事件』より引用
  • 照れたように目をまたたかせながらそっとこっちを見上げてくる。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第13巻』より引用
  • その言葉に春香はびっくりしたように目をまたたかせていた。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第10巻』より引用
  • 次へ »