目を盗むこと

7 の用例 (0.00 秒)
  • この攻勢のことはアメリカ軍も察知したらしく、彼らの目を盗むことにも大変な苦労をした。 賀東招二『フルメタル・パニック!09 つどうメイク・マイ・デイ』より引用
  • 航空自衛隊でも命令に背いて単独行動をとることが多かったそうですから、組織の監視の目を盗むことも得意としてたわけです。 松岡圭祐『千里眼 美由紀の正体 上』より引用
  • その当然の結果として上役の目を盗むことができさえすれば何をやってもいいという考えを生ぜしめる。 末弘厳太郎『役人の頭』より引用
  • 人の目を盗むこともできず、父の愛情によって、この壁のなかへ閉じこめられていたので、彼は友人もなく、行くところもなかったのだ。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(3部)』より引用
  • とすれば、彼らの目を盗むことが難しいのだから、彼らをペテンにかけるしかあるまい。 陳舜臣『秘本三国志 05 (五)』より引用
  • 何をどうすれば、小佐内さんの目を、それも甘いものが絡んだ小佐内さんの目を盗むことができるだろう? 米澤穂信『夏期限定トロピカルパフェ事件』より引用
  • 小心で何もできないお坊ッちゃんに見え、またそのようなフリをして見せることが本能のような兄ですが、実は立聞きだの、隠し物だのと、人の目を盗むことにかけてはとても素ばしこくて天才的な術にめぐまれているのです。 坂口安吾『明治開化 安吾捕物』より引用