目ばやい

5 の用例 (0.00 秒)
  • 目ばやく、眼はもうそこに置いてある自分の革巾着を見つけている。 吉川英治『宮本武蔵』より引用
  • 佐伯は目ばやく縁の先の庭に眼をとめた。 藤沢周平『三屋清左衛門残日録』より引用
  • お悦は目ばやく私たちを見て、莞爾にっこりして、軽く手で招いた。 泉鏡花『卵塔場の天女』より引用
  • どこに遊んでいたのか、目ばやく父の姿を見つけた多聞丸は、小さい弟と一しょに、もう迅い後ろ姿をみせて、彼方の寺房のぬれ縁へ大声を放ちながら駈けて行った。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • が、下赤坂城の近くへ来ると、ちょうど大手へ曲がりかけていた一群の雑人どもをうしろに、爺の左近が目ばやく気づいて、遠くの方で立礼していた。 吉川英治『私本太平記』より引用