目の廻る

29 の例文 (0.01 秒)
  • そんな場合、私はどんなに目の廻るような忙しい思いをすることか。 ...
  • 車全体はわたくしどもを目の廻るようにゆすっていました。 ...
  • 倫敦屋ヽヽヽにとっては目の廻るようなことばかりだったようだ。
  • 下から見た部屋を起き上ってたてから見たすべてのかはり方や、目の廻るやうな不思議さは、次第々々になくなって来た。 ...
  • 目の廻るように忙しい水野忠邦が、或る日、将軍家慶に面謁を求めた。 ...
  • 一九七五年の夏、私の家族はアメリカ東部の、ニューヨークから車で一時間ほど隔った大学町に暮らしていて、目の廻るような忙しさに追われていた。 ...
  • クリスマスから正月を控えて、どの玩具屋も目の廻るような忙しい時期だよ。 ...
  • 目の廻るような度の強い金縁の眼鏡をかけて、蚊の鳴くほどのききとりにくい小さな声で話す。 ...
  • 目の廻るような日々が続き、獅々吼谷の風光を楽しむなどという暇はなかった。 ...
  • もしこの漏斗の壁が目の廻るほどの速度で、動いていなかったら、この漏斗の壁は、磨き立った黒檀の板で張ってあるかとも思われそうなくらい平らなものでございます。 ...
  • 主役の早がわりというのはよくあるが、主役以外の全員が早がわりという目の廻るいそがしさだったという。 ...
  • 斯う云う時の癖で暗い所に非常な不安を感じ食堂の大窓に掛けられてある薄樺の地に海老茶、藍、緑で細かく沢山な花模様に成って居るカーテンに目の廻る様な気持になりました。 ...
  • 研究所で教える、戯曲の翻訳をする、演出をする、演技もする、目の廻るような毎日であった。 ...
  • その跡片づけの煩雑さ、忙しさは目の廻るようだった。 ...
  • 暮に押し詰まって、毎晩のように忘年会の大一座があって、女中達は目の廻るようにせわしい頃の事であった。 ...
  • 若しこの漏斗の壁が目の廻るほどの速度で、動いてゐなかつたら、この漏斗の壁は、磨き立つた黒檀の板で張つてあるかとも思はれさうな位平らなものでございます。 ...
  • 悉く切り詰めた教育で、さうして目の廻る程こき使はれるから、揃つて神経衰弱になつちまふ。 ...
  • 次へ