監督率いるチーム

6 の用例 (0.00 秒)
  • この大会から出場国が24ヶ国となり、ホセ・サンタマリア監督率いるチームへの期待は高かった。
  • デビューしてからしばらくはFCバルセロナBとトップチームを往復する日々が続いたが、バリャドリード戦で決勝点を決めて中位に低迷していたチームの巻き返しに一役買い、ルイス・ファン・ハール監督率いるチームで鍵となる選手に成長した。
  • グレゴリオ・ペレス監督率いるチームは多くの試合で劣勢から逆転勝利を収め、ナシオナルとの試合ではこの期間中に3度も逆転での4-3勝利を収めた。
  • セルタは同シーズンにUEFAチャンピオンズリーグにも出場したが、ミゲル・アンヘル・ロティーナ監督率いるチームはリーグ戦で低迷し、19位でセグンダ・ディビシオン降格となった。
  • 決勝ではADサンカエターノと対戦し、2試合合計2-2となって決着はPK戦に持ち込まれたが、ネリ・プンピード監督率いるチームはPK戦に4-2で勝利して優勝を決めた。
  • セルヒオ・サラーテ、オクタビオ・ベセリール、チリ人のエドゥアルド・ビルチェスとホセ・マリア・イガレーダなどが攻守の中心選手となり、マヌエル・ラプエンテ監督率いるチームは1990年代中頃にクラブの黄金期を築いた。