盗む行為

9 の用例 (0.00 秒)
  • 日本において電子的に記録された情報自体を盗む行為を処罰する刑法上の犯罪は存在しない。
  • 盗む行為をやめられない心の病気である。
  • ただし場合によっては不二子の願いでも拒絶することがあり、特に善人から物を盗む行為は不二子が色仕掛けで迫ってきたとしても断固として拒否するという信念がある。
  • その客を店に来なくさせたり、自分と深い関係にして奪うということは担当ホストの給料の横取り、つまりお金を盗む行為と一緒とみなされる。
  • 「盗用」は「盗む行為」なので、盗用した人はなにかを取ったことで得をし、盗用された人は取られたことで損をする。
  • なぜなら、万引きとは実体のあるものを盗む行為を罰するものであって、実体のないもの、つまり情報を盗むことは罪とされていないからである。
  • 「盗用」は「盗む行為」ではあるが、盗用された人が盗用した人を訴える方式で事件になることはまれである。
  • 開始当初は打ちこわしのみ行い米や金銭などを盗む行為はととんど見られなかったが、次第に米を拾い盗む者が目立つようになり、やがて打ちこわしの混乱に乗じて盗賊が米や金銭、衣類などを奪うという事態が目立つようになった。
  • 硬貨の周囲のギザは、コインの周囲を削り取って地金を盗む行為を防止する目的で、かつて金貨や銀貨に施されていた刻みをまねたものである。