盗むよう

140 の用例 (0.00 秒)
  • お付きの者の目を盗むようにしなければ、行動の自由が無かったようだ。 吉野匠『レイン3 シャンドリス、侵攻す』より引用
  • 父が母の目を盗むようにして離れに足を運んでいたことを私は知っている。 東野圭吾『殺人の門』より引用
  • 浮浪者仲間は寝場所を宣言している段ボールを盗むようなことはしない。 森村誠一『致死眷属』より引用
  • 子供だましの小さな鍵のついた、子供用の貯金箱を盗むようなもんでさ。 セイヤーズ/井上一夫訳『毒』より引用
  • お福や書生の眼を覚ませまいとして、夫婦は盗むように家の内を歩いた。 島崎藤村『家』より引用
  • お元さんが、お客に出した残りものを盗むようにして運んでいたそうです。 松本清張『馬を売る女』より引用
  • とお隅は源の姿を盗むように視下みおろして、あおざめた口唇くちびるえみを浮べました。 島崎藤村『藁草履』より引用
  • 「われらが捕らえし大切なもの」僕のものを何か盗むように聞こえる。 ローリング『ハリー・ポッターシリーズ 04b ハリー・ポッターと炎のゴブレット(下)』より引用
  • 確かにわざわざ盗むような品は残ってなかった筈と、安野が首を振る。 畠中恵『アイスクリン強し』より引用
  • 人々は繁栄の記憶を忘れ、管理システムの目を盗むようにして短い生を生きる。
  • 一度、家の人の目をぬすむようにして、行ちゃんが、お店へ電話かけて来ました。 曾野綾子『太郎物語』より引用
  • 花を盗むようになったことの背後には、あるやりきれなさがあった。 服部真澄『清談 佛々堂先生 わらしべ長者、あるいは恋』より引用
  • クレアは他人のものを盗むような人ではないと思いながらも、リディアは混乱した。 谷瑞恵『伯爵と妖精 第17巻 すてきな結婚式のための魔法』より引用
  • いい、いい、なにしろ大出来だ、てめえの骨を盗むような俺じゃあねえ。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • 爺は警官の目を盗むようにして、荷車を曳いたままいっきに駆けだした。 佐左木俊郎『或る嬰児殺しの動機』より引用
  • 無表情で坐っている弥三郎は時々盗むような眼を播隆の横顔に投げた。 新田次郎『槍ヶ岳開山』より引用
  • レイヴは他のレスラーの技を盗むようになり、自分の技と主張するようになった。
  • 彼は肴の骨をしゃぶりながら、始終盗むようにみんなの顔を見まわしていた。 下村湖人『次郎物語』より引用
  • 雪靴ゆきぐつのままで柱に倚凭よりかかっていた百姓も、一寸ちょっと盗むように丑松を見た。 島崎藤村『破戒』より引用
  • この私が、子供から盗むようなことができましょうか? クリスティ/松本恵子訳『情婦…クリスティ短編集』より引用
  • 次へ »

盗むよう の使われ方