盗むもの

37 の用例 (0.00 秒)
  • 盗むものは他愛のないものばかりだったが、高校2年生の時に万引きしたことを脅され見知らぬ男にレイプされ妊娠してしまう。
  • 犬を盗むものもある。 島崎藤村『千曲川のスケッチ』より引用
  • 人の声を盗むもの。 夢野久作『白髪小僧』より引用
  • 当時、関節技などのサブミッションホールドはプロレスにおける裏技的なものであり、プロでも「技は教えてもらうものではなく盗むもの」という風潮があり、やられることによって逃げ方を覚え、後輩にかけて覚えるという感じで技術体系が確立されていなかった。
  • 当時、関節技やサブミッションホールドはプロレスにおける裏技的なものであり、プロでも「技は教えてもらうものではなく盗むもの」という風潮があり、やられることによって逃げ方を覚え、後輩にかけて覚えるという感じで技術体系が確立されていなかった。
  • 一般的な固定観念としては、マウスは小さく、臆病な動物で、家の壁の裏に隠れ、食品庫のスイスチーズを盗むものとされる。
  • 当時、関節技などのサブミッションホールドはプロレスにおける裏技的なものであり、プロでも「技は教えてもらうものではなく盗むもの」という風潮があり、やられることによって逃げ方を覚え、後輩にかけて覚えるという感じで、技術体系が確立されていなかった。
  • 足の丈夫な牡牛を盗むものもある。 森鴎外『ファウスト』より引用
  • 雷おやじは、ウォスウォスィムに、火を守らせ、それを盗むものがないよう見張らせた。 フレーザー/青江舜二郎訳『火の起原の神話』より引用
  • 只僕はとらへ次第、北原君の蔵家庭ざうかていぬすみ得るに反し、北原君は僕より盗むものなければ、畢竟得ひつきやうとくをするは僕なるが如し。 芥川竜之介『田端人』より引用
  • それに、盗むものもあまりない。 レマルク/山西英一訳『凱旋門(上)』より引用
  • ランパスと部下の、鋼鉄の同志達はロスで失われた教会が秘密のvaultの鍵を持っていることを知り、秘密のvaultの鍵を盗むものの捕まり、ランパスは鍵を隠したので、ブレーク司教から拷問されていたのであった。
  • 高津は職人気質で、「技や味は盗むもの」として息子で二代目の高津昇にももみじ饅頭のレシピなど一切伝えなかったという。
  • この、協力して火を盗んでくる神話には、もう一度くりかえすと、たとえば、オーストラリアには、タカとハトが協力してフタロダヌキから、火を盗むものがあり、トレス海峡には、ヘビやカエルや、いろいろの種類のトカゲが火を盗もうとして失敗し、ようやく大きな長首トカゲが成功して、火を口にくわえて島へ帰ってきた。 フレーザー/青江舜二郎訳『火の起原の神話』より引用
  • 盗むものはなく、食糧の割当てに不平をこぼす者もなく、喧嘩と咬み合いと嫉妬は昔は普通の有様だったが、それがほとんど消え去った。 オーウェル/佐山栄太郎訳『動物農場』より引用
  • ヴァイオリニストのジョシュア・ベルは、イザイの高弟であった師ギンゴルトから教えられた伝統的なフランコ=ベルギー派のヴァイオリニストのルバートとして、ある音符が他の音符の音の長さを盗むもの、すなわちより長いスパンではテンポを崩さず、辻褄を合わせるように演奏するべきものだと説明している。
  • これらあらゆる稀有の天与によりて、われは誓う、真昼の太陽も、その面より輝かしからず、新月も、その爪の一片の削屑にすぎず、麝香の香も、その息吹より甘からず、かぐわしき微風も、己が匂いを、その髪より盗むものなるを。 佐藤正彰訳『千一夜物語 07』より引用