盗むつもり

22 の用例 (0.00 秒)
  • ゲシンが金庫の品を盗むつもりだったなら、火は何のためだったろう。 クロフツ/長谷川修二訳『フレンチ警部最大の事件』より引用
  • これはもともと、池の金魚一匹に至るまで盗むつもりで用意してきたものである。 北杜夫『マンボウぼうえんきょう』より引用
  • 街並みは喧騒と狂気に満ち満ちていたし、僕は本を盗むつもりなんて無かった。 尾崎豊『普通の愛』より引用
  • 逆にいうと、犯人はそういう自転車を盗むつもりだった。 東野圭吾『容疑者Xの献身』より引用
  • はやくいってしまえ、ひとていなかったらぬすむつもりだろう。 小川未明『黒い旗物語』より引用
  • それに僕は本を盗むつもりなんて無かった。 尾崎豊『普通の愛』より引用
  • この男はあきらかにわたしぬすむつもりらしいのでした。 ロフティング『ドリトル先生物語12巻 ドリトル先生の楽しい家』より引用
  • 彼らはローマ軍がハンニバルと交戦するために町から出撃すると、後に残された荷物を盗むつもりであった。
  • この部屋にも、金を盗むつもりで押し入ったようです。 五十嵐貴久『土井徹先生の診療事件簿』より引用
  • あの人が、金を盗むつもりなんだわ。 赤川次郎『死体は眠らない』より引用
  • ところで小五郎は、幕府の軍艦建造技術を盗むつもりだった。 古川薫『桂小五郎(上)』より引用
  • 彼等はコスを誘拐するつもりであり、さらに可能ならばコスが携行しているという噂のあった5万ドルを盗むつもりだった。
  • その盗むつもりはなくてその。 田中哲弥『大久保町は燃えているか』より引用
  • 健一は、今度こそ、最初から盗むつもりでその外国製のライターをポケットに放り込んだ。 西村京太郎『危険な殺人者』より引用
  • 彼がアンブローズ卿を殺すとしたら、珍らしい写本の一、二冊を盗むつもりだったでしょうが、そんな真似をしたら、すぐにわかってしまいます。 クリスティ/各務三郎訳『ミス・マープルのご意見は? 3』より引用
  • それは、殺しちまってから、盗むつもりで外したんだろう。 西村京太郎『恐怖の金曜日』より引用
  • おそらくは、そのごくわずかを盗むつもりで、しかもその損害がデューク氏にはかからずに、保険会社にかかるであろうことを知っていたのだ。 クロフツ/長谷川修二訳『フレンチ警部最大の事件』より引用
  • で、エルメスを盗むつもりでしたら遠慮えんりょしてください。 時雨沢恵一『キノの旅 第02巻』より引用
  • 結局原因は、ラジウムを盗むつもりでやって来たのだろうという説が有力だったが、婦長の如きは、患者がらずに三十分以上もあのラジウムを肛門に入れて置くと、ラジウムのために肛門のへんがとりかえしのつかぬ程腐ってついには一命いちめいかかわるだろうなどと心配した。 海野十三『柿色の紙風船』より引用
  • えっと、それで、僕は、最初は盗むつもりでした。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅵ』より引用
  • 次へ »