皺が寄る

69 の用例 (0.00 秒)
  • しかしこのシャツは何と白く光っているだろう、皺が寄っているままに。 三島由紀夫『金閣寺』より引用
  • 見れば彼女の服は今までの争いですっかり皺が寄ってしまっていた。 同人『魔法使いの夜~Wicth on the Holy Night~』より引用
  • かすかなしわが寄っているものの、二重ふたえの大きな目の下にたるみはなかった。 林真理子『野ばら』より引用
  • 五十に三つ足りない夫の良夫は、そういえば手の甲にしわが寄ってきていた。 松本清張『黒の様式』より引用
  • 意味が判らず、斜め上を見上げた俺の眉間には、自然と皺が寄っていた。 日明恩『埋み火』より引用
  • 彼の眼つきは冷酷になり、額にはしわが寄り、凶暴きょうぼうな勇気で口が曲がった。 アレクサンドル・デュマ/石川登志夫訳『鉄仮面(上)』より引用
  • 眉根まゆねしわが寄ってしまったのは、かかえている金貨のふくろが重いからではない。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅴ』より引用
  • 顔も細く深い皺が寄っていたが、美しくないというのではなかった。 ダイン/鈴木幸夫訳『僧正(ビショップ)殺人事件』より引用
  • 雲一つない五月さつき晴れの空を見つめる尚顕の太い眉の間に、縦皺たてじわが寄った。 岩本隆雄『ミドリノツキ〔上〕』より引用
  • 帯の下から出ているはしょりヽヽヽヽに少し皺が寄っているのに目敏めざとくお文は気づいた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 さんだらぼっち』より引用
  • 彼の眼のまわりには、どこかだらしのない、不自然な深いしわが寄っていた。 ディケンズ/本多顕彰訳『二都物語(上)』より引用
  • 人工皮膚が色を失い、皺が寄り、全身がしぼんでミイラ化の運命を辿る。 菊地秀行『吸血鬼ハンター11b D-ダーク・ロード2』より引用
  • しわが寄ってよれてしまったそれをひらりとほうって、私は一人で少し笑った。 山本文緒『紙婚式』より引用
  • 顔の皺ではなく、精神にたくさん皺が寄ってしまったのだと思う。 森瑤子『恋愛論』より引用
  • 皮膚の下には青みがかった血管が走り、関節には細かい皺が寄っている。 九里史生『SAO Web 01』より引用
  • 干し始めで皺が少ないが、日を経るにつれて水分が抜け皺が寄ってくる。
  • 小鼻の周りに皺が寄って、唇が笑いのために歪んでいるのが見える。 谷崎潤一郎『潤一郎犯罪小説集』より引用
  • 笑うと皺が寄る男の目は、むき出しの欲望が燃えているわけではない。 林真理子『野ばら』より引用
  • 笑ったことで、油ぎった大きな顎の下の驚くほど大きなたるみに皺が寄った。 クラーク・アシュトン・スミス/大瀧啓裕訳『ゾティーク幻妖怪異譚』より引用
  • 皮膚の下で小さな筋肉がピクリと動き、くびれたウェストにしわが寄った。 大石圭『檻の中の少女』より引用
  • 次へ »

皺が寄る の使われ方