皮膚壊死

7 の例文 (0.00 秒)
  • これらのタンパク毒は溶血性や皮膚壊死性、心臓毒性などを示すことが分かっている。 ...
  • モルモット皮膚壊死活性は、Ibを皮下に投与後、Iaを腹腔内投与しても認められるが、この逆の投与は活性を示さない。 ...
  • イオタ毒素は致死、皮膚壊死活性、細胞毒性などの作用がある。 ...
  • イオタ毒素様毒素は致死活性、モルモット皮膚壊死活性、細胞円形化活性などを有するが、いずれの活性もSaとSbの両者の共存下でのみ認められ、SaまたはSb単独では活性が認められない。 ...
  • Bordetella bronchisepticaはグラム陰性好気性球桿菌であり、強い皮膚壊死毒を産生するI相菌と産生しないIII相菌があるが、病原性を示すのはI相菌である。 ...
  • 線維状血球凝集素、パータクチン、凝集素などの定着因子と百日咳毒素、気管上皮細胞毒素、アデニル酸シクラーゼ、易熱性皮膚壊死毒素などの物質が病原性に関与している。