的奉仕

49 の用例 (0.00 秒)
  • 真にギセイ的奉仕が必要だと信じた人が、まず自分のみ行うのさ。 坂口安吾『安吾人生案内』より引用
  • 何人からも強いられず、何人にも強いず、各自が自発的に権利として要求する所の社会的奉仕です。 与謝野晶子『階級闘争の彼方へ』より引用
  • 騎士とは、主君と主従関係を結んで軍事的奉仕をおこなう戦士階級の総称である。
  • アダルトゲームであり、一部で想像されるようなメイドさん的奉仕Hも見られることがある。
  • 武士の軍役としてもっとも古い形はこれらの領家への近侍や国衙への出仕における軍事的奉仕であったと思われる。
  • 教えられる所は、何事も要するに唯だ少数の権力者と、少数の資本家と、一人の家長とへの奴隷的奉仕に役立つという以外のことはないのです。 与謝野晶子『激動の中を行く』より引用
  • 然し元値は千五百円で、あなた方なみに三百円しか儲からない、犠牲的奉仕だと言つておく。 坂口安吾『金銭無情』より引用
  • インワ朝の時代には、王が有力な王族や臣下に重要なミョウを与えて現地に派遣して、軍事的・経済的奉仕を行わせていた。
  • そうした男には、妻へのコンプレックスが妻への「献身」的奉仕に変形するのだろうか。 松本清張『高台の家』より引用
  • 校名は、14世紀に献身的奉仕を実践した聖女カタリナに由来する。
  • インディアン管理局を陸軍省へ編入することは、政治の代わりに規則と愛国者的奉仕に基づいていたので、インディアンなどには局の雇員の代わりにインディアンのために良いことをするようになると考えられていた。
  • 併し我等の此處に考察せむとするところは、此の如き強制的奉仕ではないのである。 阿部次郎『三太郎の日記 第三』より引用
  • 女性のこのような官能的奉仕に、男は弱い。 南里征典『田園調布真紅夫人』より引用
  • 宗教的奉仕活動のマーシー病院はメイン州で4番目に大きな病院であり、2006年遅くにフォア川沿いに新しく拡張工事を始めた。
  • この段階では、富は主として奴隷から構成されており、豊かさと権力の所有に由来する利益は、主として個人的な奉仕と個人的奉仕の直接的生産物という形をとる。 ヴェブレン/高哲夫訳『有閑階級の理論 ―制度の進化に関する経済学的研究』より引用
  • あなた方がこの本質を、あなた方の第一の敵を、あなた方の悪魔を取り除けない以上、また取り除こうともしない以上、のみならず、それに奴隷的奉仕を続けている以上、そこにどんな真面目な論議があり得ますか? チェーホフ/中村白葉訳『チェーホフ短編集「無名氏の話」』より引用
  • 教育ばかりでなく、宗教も道徳も専ら奴隷的奉仕の器械たるべく他律的に日本人を圧抑する手段たるに過ぎません。 与謝野晶子『激動の中を行く』より引用
  • 乃木将軍の場合は、日本国と明治天皇が絶対的奉仕の対象となっていたが、内村においては、明治天皇の座をキリストが占めていたともいえよう。 大宅壮一『炎は流れる1 明治と昭和の谷間』より引用
  • キリスト教青年会同盟委員長であった本多は、大日本福音同盟会の委員長であった小崎弘道と一緒に、キリスト教の共同的奉仕について檄を飛ばした。
  • 大阪滞在を通じていくらも眠らなかったが、京家の一大犠牲的奉仕によって、こッちの身命を完うしたようなものである。 坂口安吾『安吾の新日本地理』より引用
  • 次へ »