的土壌

43 の用例 (0.00 秒)
  • 明代後期、陽明学的土壌の中で三教一致説が隆盛を極め、中国思想界はかつてない程の進展を見せる。
  • ミツキェヴィチの母語はポーランド語で、彼自身も基本的にポーランド語で創作活動を行ったが、元々はリトアニア人の家系で、住んでいたのはベラルーシだったため、ポーランド・リトアニア共和国として一体性を持っていたこの地域の複雑で豊かな文化的土壌によって育まれた。
  • さて、そこで、わが国の現状に戻つて考へれば、上に述べたやうな演劇的土壌が、明治このかた、実にお話にならぬほど瘠せてゐたといふのが、偽りのない事実であつて、劇文学の夜はまさに秋のそれのやうに長かつた理由がそこにある。 岸田国士『新劇の黎明』より引用
  • 自由主義陣営の一国である韓国においても「反日」が政治面においては選挙の票や知名度の確保、マスコミの場合には視聴率向上、芸能人・文化人などでは好感度アップに直結する文化的土壌が形成されており、実際その様な形で利用されているため、決して例外ではない。
  • 本書の主人公カステッラーノ将軍のような人物が、「いざという時」に必ず輩出する精神的土壌が、この国にはあるからである。 木村裕主『ムッソリーニを逮捕せよ』より引用
  • 真木の出身地でもあり、戦後まもないこと、反米感情が強くないこと、戦災や占領の影響が大きくないこと、また、文化的土壌も豊かで「アメリカ文化センター」もあったことなどから、金沢が受入地区となったわけである。
  • ファロウは土壌の区分を残積土と運積土で行い、地質学的土壌分類を体系づけた。
  • 文化的土壌からすると、そうとうに異なるはずの日本とフランスの農村の民俗慣行の世界に、しばしばこうした類似の現象がみてとれることは、今後もうすこしつっこんでデータを集めながら、考えてみたい課題である。 福井憲彦『時間と習俗の社会史 ―生きられたフランス近代へ』より引用
  • これらの楽器は、人気オルガン奏者がソロフレーズに活用して一時代を築いたり、電子音楽スタジオで現代音楽の作品や映画のサウンドトラック作成に使用され、後に登場したトランジスタ式シンセサイザーを受け入れる音楽的土壌を育んだ。
  • また日本本来の伝統を捉え直そうという国学も興り、幕末の尊皇攘夷運動の思想的土壌を作った。
  • 彼は、地元デトロイトのミュージシャンが音楽的土壌を作ってくれたのを感謝しており、特にイギー・ポップのファンで、ストゥージズのアルバム『ファンハウス』を「今までに作られた最高のロック・アルバム」と言っている。
  • ミッドウェーの痛烈な敗北があったにもかかわらず、緒戦の戦果の過大評価と、敵の戦力と戦意を下算する悪弊がまだ十分に反省されていなかったし、その心理的土壌では希望的観測が発芽しやすかったのである。 五味川純平『ガダルカナル』より引用
  • この「無機栄養説」は、ドイツの有機化学者リービッヒにより、化学的土壌観として確立された。
  • 当初は両社の文化的土壌の違いやラインナップの重複、日産自動車の負債の大きさや労働組合の抵抗などを理由に、同業他社やアナリストをはじめとする多くの専門家がその行き先を危惧した。
  • ところが、日本においては、そのような犠牲者が実際に裁判に訴えることができる社会的土壌が、まだ全く整っていなかった1990年代に、いちはやくその対抗概念ともいうべき「虚偽記憶」や「FMS」といった概念だけがマスメディアによって紹介され、時間的な順序を逆にして一般に浸透してしまった。
  • 当初は両社の文化的土壌の違いやラインナップの重複、日産自動車の負債の大きさなどを理由に、同業他社やアナリストをはじめとする多くの専門家がその行く先を危惧した。
  • 著者は、芥川龍之介の敗北の究明とともに、小市民的土壌を自身の生活に否定し、「過渡期の道標」では一歩前進した。 宮本百合子『巌の花』より引用
  • 当初は、両社の文化的土壌の違いやラインナップの重複、日産自動車の負債の大きさや労働組合の反発などを理由に、同業他社やアナリストをはじめとする多くの専門家がその行く先を危惧した。
  • 安岡氏によると、三種の神器は知徳勇を表徴するものであって、日本国土はただの自然的地理的土壌ではなく、〔国生みの神〕の眼から生れた「大八州」なのだから、「〔天皇種族〕」と兄弟の関係に立つのだと云った種類の説明が与えられる。 戸坂潤『日本イデオロギー論』より引用
  • なお、「前フリをどれだけ付け加えてもいいか」については、各種クイズ大会・クイズサークルの歴史的土壌などにより、千差万別である。
  • 次へ »

的土壌 の使われ方