的土台

28 の用例 (0.00 秒)
  • この主張の哲学的土台となっているのは、ルネ・デカルトの主張である。
  • 経済的土台が上部構造に反映するという経済史観はこの反映論の代表である。 今村仁司『マルクス入門』より引用
  • 文学の生活的土台もこういう風に微妙且つ具体的ですから一朝一夕ではないわけです。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • 学問的土台がない、ある、ということと深いものをもっている。 宮本百合子『獄中への手紙』より引用
  • この研究により、言語を扱う精神機能が脳という生理学的土台によって生じることが明らかにされた。
  • たしかに日本人の精神的土台に、そういった価値観があるというのはいえるかもしれませんねえ。 原山建『郎 小泉首相が注目した「米百俵」の精神』より引用
  • なお、マルクスにもエンゲルスにも経済的土台を上部構造決定の唯一の契機とする考え方はない。
  • 当時三十歳前後であったプレハーノフは、一八八五年、外国で出版されたこの論文によって民衆派ナロードニキの各分派が従来その根本的土台としていたところのロシアの現実には資本主義がない、発展しないという誤った観念を徹底的に覆した。 宮本百合子『マクシム・ゴーリキイの伝記』より引用
  • だから、あなたがおっしゃったように、問題を哲学的あるいは所謂いわゆるキリスト教的土台の上に置いてはいけない。 チェーホフ/小笠原豊樹訳『チェーホフ短編集「決闘」』より引用
  • このことは、しかし、本当に婦人にとって「個人の尊厳」を守れる社会的経済的土台があることを意味しているだろうか。 宮本百合子『離婚について』より引用
  • しかしバチカンは「使徒的信仰のみがすべての世代を通して、大半の神学のキリスト論の教会的土台として伝えられてきた」と信じている。
  • コトヌー協定ではEU-ACP開発協力にかんして、より強力な政治的土台を設定することが求められている。
  • マルクス主義の全盛期にあって、リードの芸術理論に力強さを与えているのはこういう非マルクス主義的な哲学的土台である。
  • さまざまな哲学諸派を遍歴し、プラトン哲学を自らの思想的土台とした彼は「人間の魂は本質的にキリスト教的なものである」として、キリスト教こそが唯一の真理であると考えた。
  • 粒子の運動の中への熱の閉じ込めやニュートン力学への電磁場の概念の付加は、観測された物理現象に対する理論的土台を大幅に強固することになった。
  • 先に述べたように、それより以前文学者の生活は社会の政治経済面での活動から閉め出されているのであったから、この人間性の主張、自我の自覚の社会的土台というものは全くインテリゲンツィアとしての書斎の生活に置かれ、或は家庭内、身辺の客観的には小範囲の人的交渉の間に置かれざるを得なかった。 宮本百合子『今日の文学の鳥瞰図』より引用
  • これと同様に、社会的構築物は、物質的土台である経済生活の上に、政治と法律の「一階」があり、さらにその上にイデオロギー的観念形態という「二階」が乗っかっている。 今村仁司『マルクス入門』より引用
  • それはさておき、雲浜の偉大な功績は、諸思想とその社会的土台のこのような自然発生的な関係に、はじめて政治的表現を与え、広汎な組織をつくり出したことである。 服部之総『志士と経済』より引用
  • ソヴェト同盟は新しい社会的土台において諸芸術をめざましく開花させたが、各部門の発達のテンポを見ると、文学、演劇が一番早くある水準に達した。 宮本百合子『芸術が必要とする科学』より引用
  • 経済中心史観は、上記のような認識面での混同を事実上抱えるがゆえに、社会のすべての現象を経済的土台「から発生させる」という思想類型になる。 今村仁司『マルクス入門』より引用
  • 次へ »

的土台 の使われ方