的刷新

14 の用例 (0.00 秒)
  • 或る人は教育の根本的刷新に乗り出せといふ難題をもちかける。 岸田国士『新文化建設の方向』より引用
  • カトリックでない信仰共同体は、経済的問題や社会問題に悩まされている国で、教皇の訪問が精神的かつ文化的刷新を促す事を望むと表明した。
  • 演劇をもつて、文化の急角度的刷新に役立たしめ得る時代は、多分また、それから後に来るであらうと思ふが、どうか? 岸田国士『新劇の始末』より引用
  • キリスト教の批判的刷新を試みていたヘーゲル派の中でも、バウアー兄弟への当て付けにも近い表現であり、それゆえ副題は「批判的批判の批判」となった。
  • これは世界の最終的刷新の直前に三人の処女が湖に入り、それぞれが世界の最終的刷新において人類の救世主となるサオシュヤントを生むというものである。
  • 上からの改革により迅速に円滑に改革を推進し、国家の中央集権化及び制度的刷新を行い、上流階級による国家権力縮小を阻み、国家の貧困化と弱体化から守ることがその目的であった。
  • 日本テレビの汐留への社屋移転を機に構想された帯番組の全面的刷新方針に沿ってなされた改編で、これを機に月曜~木曜の放送時間が32分拡大となった。
  • もちろん、日本人は甚だ「科学的」でないといふ一般の事実を否定はせず、もつともつと、この点では、教育の根本的刷新が必要であると私も考へてゐる。 岸田国士『一国民としての希望』より引用
  • ところが、「政治行政機構全般にわたり、根本的刷新を行なう」この改革案は、「行政が経済を指導統制し得るように機構を改める」もので、中央と地方の行政改革とともに議会制度の改革が取り上げられていた。 勝田龍夫『重臣たちの昭和史 上』より引用
  • カレリア地方における正教の発展・展開は非常に緩やかなものであったが、16世紀にはノヴゴロド大主教マカリイにより、異教的要素から正教を純化しようとする精神的刷新が図られた。
  • 東京都制の目的は「帝都たる東京に真の国家的性格に適応する体制を整備確立すること」、「帝都に於ける従来の府市併存の弊を解消し、帝都一般行政の、一元的にして強力な遂行を期すること」、「帝都行政の根本的刷新と高度の効率化を図ること」にあった。
  • 一方、貴族共和制は、内政こそ重視するものの、強国主義を廃し、貴族や支配階層の自由や特権を堅持し、君主制の強化及び軍事的刷新を拒絶し、諸国家の目指す近代化政策から取り残された末、国威と国力の低下に至り国家の解体が進行し、強国の草刈場と化すのである。
  • なぜなら、レオ9世はドイツやフランスの各地において改革的教会会議を開き、現地の司教や修道院長を集め、「倫理的刷新」を合言葉にシモニアやニコライスムの禁止の決議をおこない、その徹底に努めたからであった。
  • アッセンブリーズ・オブ・ゴッド教団、ペンテコスタル・ホーリネス、チャーチ・オブ・ゴッド教団などを生み出した従来のペンテコステ運動と区別して、「近代ペンテコステ運動」や「カリスマ的刷新」または「新ペンテコステ運動」と呼ぶこともある。

的刷新 の使われ方