的分化

28 の用例 (0.00 秒)
  • 科学の進歩に伴う研究領域の専門的分化は次第に甚だしくなる一方である。 寺田寅彦『学位について』より引用
  • この大きな遺伝的分化は少なくとも数百万年前には発生していたといわれている。
  • 存在論の社会的分化の歴史は同時にまた社会学的精神史の中軸でもあるのである。 マンハイム/森博(訳)『保守主義的思考』より引用
  • 今日の知識人は著しい社会の階級的分化の間に生きている。 宮本百合子『全体主義への吟味』より引用
  • 一方、グルタミンの分解は細胞の形態的、機能的分化と関連している。
  • 婦人作家たちも技術的に成長し、社会的に成長して来た今日、婦人作家たちの間に一種の社会的分化が生じて来ていることは明らかなのである。 宮本百合子『婦人作家の今日』より引用
  • それは当然工作機械の専門的分化が必要である。 戸坂潤『読書法』より引用
  • 子実体の表面を包む組織を指す呼称で、子実体の内部組織と区別し得る程度の組織的分化が認められる場合に適用される呼称である。
  • 級の小さい頃は漠然と仲よしで一組になっていた男の子と女の子とが七年生ぐらいになると、一種の発展的分化をおこす。 宮本百合子『砂遊場からの同志』より引用
  • 思考ならびに体験形式の社会的分化、歴史的・社会的現実の全体組織のうちにおけるその形態的・機能的変化の問題のみが、単なる観念史的考察に、必要な具体性を付与しうるのである。 マンハイム/森博(訳)『保守主義的思考』より引用
  • この違いは、後述する遺伝的分化に対応している。
  • そのことによつて、一切を包括する等質的なる内部的分化を有せぬ現在は、一定の方向を得、一定の方向を取つて動くもの流れるものとなる。 波多野精一『時と永遠』より引用
  • 最後の論述がしめすように、体験と思考との社会的分化は存在論のなかにまでおよんでおり、現実概念ですら歴史的・政治的・社会的に分化する。 マンハイム/森博(訳)『保守主義的思考』より引用
  • 近年研究が進み、他のウグイ属の魚と比べて遺伝的分化が明確であることと、また雑種ができないことから2000年に新種として記載された。
  • 作家の現実への精神の角度が、A子B氏なみのところに在って、文学性というものの目やすはそれを小説の形にかき得るという一つの技術上の専門的分化の範囲にあるように考えている今日の読者の気持に、作家としての苦悩がないかの如くである。 宮本百合子『今日の読者の性格』より引用
  • ここ一〇年来のロックの歩みを振り返ると、七〇年代に入ってからの英、米の質的分化が、最もアクティヴな印象として残っている。 松平維秋『松平維秋の仕事』より引用
  • これを既知の知見と照合すれば、クジラとカバの系統的分化は少なくとも暁新世の後期以前に起こっていたことになる。
  • 過去も將來も現在の共通の地盤の上に立ち、否むしろ同一現在同一自己の中に全く包括され、それの内部的分化乃至組織としてのみ成立つ。 波多野精一『時と永遠』より引用
  • また、奄美大島に分布する個体も生息する住用・伊須湾域と焼内湾域では遺伝的分化が進んでおり東西両集団間は交流のない集団となっており、保護に際しては多様性の維持に配慮が必要とされている。
  • しかし本土クラスターと琉球クラスターの遺伝的分化の程度は非常に小さく、そのためSNPの頻度の違いは大部分についてはわずかであった。
  • 次へ »

的分化 の使われ方