的に解ける

23 の用例 (0.00 秒)
  • そのような問題は、一般的には効率的に解けるとは思われていない。
  • 計算機科学の中でも最も重要な未解決の問題は、NPと呼ばれる計算複雑性クラスの問題が効率的に解けるかどうかである。
  • このように、Sの特殊値を用いれば、理論的には様々な数学上の未解決問題を機械的に解ける。
  • 方程式が代数的に解けるための条件を示したことになるが、それ以上には進まなかった。
  • 充足可能性問題は、全ての変数が存在量化された特殊ケースと見ることもでき、存在的様式だけで効率的に解ける。
  • しかし、複雑性理論の様々な近似は、これらの問題のいくつかが効率的に解けることを示唆する。
  • Pはしばしば、「効率的に解ける」問題のクラスとして扱われる。
  • 特にガウス基底だと行列要素の計算部分が解析的に解けるのでさらに有利になる。
  • これが5次方程式が代数的に解ける必要十分条件である。
  • クロスワード以外のパズルは、ルール説明が必要な反面、言葉の知識等がなくても論理的に解けるものが多く、これらは日本のみならず海外でも紹介されている。
  • Yuri Nesterovは準凸最小化問題を効率的に解けることを証明した。
  • 次の問題が効率的に解けることと、誤差が高々倍の解を出力する多項式時間アルゴリズムが存在することは同値である。
  • また半正定値計画問題の階層化により多項式最適化問題が近似的に解けるほか、複雑系の最適化にも応用が可能である。
  • 明らかに SL-完全問題が全て L に属することになり、全て決定性の対数領域/多項式領域のアルゴリズムで効率的に解ける可能性が示された。
  • もちろんこれを代数的に解くことは一般的状況では不可能であるが、根の平方が有理数になる場合に限り、実質的な次数が下がり、代数的に解ける。
  • 一般に難易度は「解ける解法が少ない」という形で定義されるが、その場合、一般的なルールでは大抵の人間が直感的に解ける1116が難問に分類されてしまう不具合もあり、画一的な難易度の指標は確立されていない。
  • しかしながら、RPやBPPといった乱択で解けるクラスも、Pより大きいかもしれないが「効率的に解ける」と考えることもできる。
  • これはルフィニ、アーベルらによって示され、またガロアによって方程式が代数的に解ける条件が裏付けられている。
  • 歴史的に見れば、1976年にミラー-ラビン素数判定法によって素数判定が乱択アルゴリズムで効率的に解けることが発見され、乱択アルゴリズムの研究が盛んになった。
  • 従って、「代数方程式が代数的に解ける」、すなわち「代数方程式の根が冪根による表示をもつ」とは、次のように定義される。
  • 次へ »

的に解ける の使われ方