的に相容れないもの

12 の用例 (0.00 秒)
  • それを別にしても、南と北の軍閥は本質的に相容あいいれないものを持っている。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • 僕はあんなふうの男とは肉体的に相容れないものがあるようだ。 太宰治『ダス・ゲマイネ』より引用
  • そこに両者のあいだに、人間的に相容れないものがあったことが、十分に推測できるのである。 桑田忠親『明智光秀』より引用
  • 最初から、彼と彼女の間には、何か本能的に相容れないものが、存在していたのである。 フィッツジェラルド/守屋陽一訳『雨の朝パリに死す』より引用
  • 嫁姑よめしゆうとめの間柄以上に、二人は性格的に相容あいいれないものを持っていた。 井上靖『星と祭上』より引用
  • これはカスティーリャ王国の「新ゴート主義」とは基本的に相容れないものであった。
  • 戦略上チャーチルやモントゴメリーとは基本的に相容れないものがあったが、彼らとの関係を転覆することはなかった。
  • 今はそんなことを実際に考へてゐる人は少なからうと思ふが、一時は、映画と演劇とを全く別個のもの、本質的に相容れないものとして、批評の標準を映画技術の専門的角度からのみ決定しようとしたことがある。 岸田国士『西洋映画は何故面白いか?』より引用
  • また別の場面では、ヴァイオリンという楽器はラヴェルにとって、ピアノと「本質的に相容れないもの」と思われたとも訴えている。
  • 日本経済新聞の論調である親米保守的な新自由主義やグローバリズムと、農本主義などの民族主義思想は基本的に相容れないものである。
  • ベルの不等式は局所性と実在性と呼ばれる二つの仮定を認めた任意の理論に対して成り立つ不等式だが、同論文において量子力学では不等式が成り立たないことも示されており、局所実在性と量子力学が本質的に相容れないものであることを意味するこの結果は物理のみならず哲学の世界にも大きな衝撃を与えた。
  • ルーホッラー・ホメイニーはソ連の共産主義の理念をイスラームとは原理的に相容れないものと考えて、世俗的なサッダームをモスクワの盟友とみなしたのである。