的に相容れない

28 の用例 (0.00 秒)
  • むしろ、かれらには根本的に相容れないところがあったのかもしれない。 船木亨『メルロ=ポンティ入門』より引用
  • それを別にしても、南と北の軍閥は本質的に相容あいいれないものを持っている。 パール・バック/大久保康雄訳『大地(2部)』より引用
  • それは、組織の長であることと、本質的に相容れないことであったのだが。 城山三郎『鼠 ─鈴木商店焼打ち事件─』より引用
  • 僕はあんなふうの男とは肉体的に相容れないものがあるようだ。 太宰治『ダス・ゲマイネ』より引用
  • そこに両者のあいだに、人間的に相容れないものがあったことが、十分に推測できるのである。 桑田忠親『明智光秀』より引用
  • 最初から、彼と彼女の間には、何か本能的に相容れないものが、存在していたのである。 フィッツジェラルド/守屋陽一訳『雨の朝パリに死す』より引用
  • 嫁姑よめしゆうとめの間柄以上に、二人は性格的に相容あいいれないものを持っていた。 井上靖『星と祭上』より引用
  • 両者は本質的に相容れないファクタではありませんか? 森博嗣『少し変わった子あります』より引用
  • S氏とは本質的に相容れないタイプかも知れない。 城山三郎『鼠 ─鈴木商店焼打ち事件─』より引用
  • これはカスティーリャ王国の「新ゴート主義」とは基本的に相容れないものであった。
  • 考え方が違うってのもあるが、こう顔を見た瞬間背筋に悪寒が走るんだから、生理的に相容れないに違いない。 奈須きのこ『Fate/stay night 凛 Unlimited Blade Works TrueEnd Brilliant Years』より引用
  • 戦略上チャーチルやモントゴメリーとは基本的に相容れないものがあったが、彼らとの関係を転覆することはなかった。
  • カトリックの保守派はプロテスタントの保守派とは神学的に相容れないが、中絶には反対する。
  • また、大学の教員と在野の研究者の間で研究対象に対して政治的・思想的に相容れない場合には、在野の研究者は大学の教員と距離を置いて研究活動を行う場合もある。
  • 宗教用語を多用するが、他の者への同情や調和、親切心といったユダヤ教の教えとは根本的に相容れない。
  • ところで、イギリス、フランス、アメリカで成長したこの政治システムのことを、一般には議会制民主主義と呼ぶが、今問題にしている結社の存在と民主主義とは、本質的に相容れないように思うだろう。 小杉英了『シュタイナー入門』より引用
  • 唯物論にもありとあらゆる形態があり、夫々の間には絶対的に相容れないようにさえ見える距離と対立とが見出されるように、唯心論に於ても哲学の歴史は様々な種類を示している。 戸坂潤『辞典』より引用
  • 今はそんなことを実際に考へてゐる人は少なからうと思ふが、一時は、映画と演劇とを全く別個のもの、本質的に相容れないものとして、批評の標準を映画技術の専門的角度からのみ決定しようとしたことがある。 岸田国士『西洋映画は何故面白いか?』より引用
  • この教えが、天主教とは、本質的に相容れないのである。 ハーン/平井呈一訳『心』より引用
  • 初期ロマン主義運動からミュラーのなかに入りこみ、彼の形成する思考様式にとってきわめて重要なものとなったのは、思考構造としてはカトリック的世界像およびカトリック的思考構造のヒエラルヒー的組織と本来的に相容れない特殊な緊張関係にあると思われる、思考における汎神論的要素である。 マンハイム/森博(訳)『保守主義的思考』より引用
  • 次へ »

的に相容れない の使われ方