的に広め

27 の用例 (0.00 秒)
  • これを一般的に広め定着させたのは、DJのアラン・フリードであった。
  • 自伝というものを一般的に広めたのはベンジャミン・フランクリンである。
  • セシル・ローズが牧草としてこれを世界的に広めたことで知られる。
  • 偽情報は、意図的に広められる虚偽もしくは不正確な情報である。
  • 文化的一体感を醸しだすため、アテナイは植民地や同盟国にこの祭りを積極的に広めた。
  • フランスのバロック建築の第一人者のうちの一人であり、フランス建築上の重要な屋根の形態の一つであるマンサード屋根を世界的に広めた人物である。
  • 同作はパラジャーノフの名前を世界的に広めただけでなく、ウクライナの民族主義的な知識人たちにも歓迎された。
  • 制定拳は一種の健康体操として世界的に広められ、またそれと並行して競技化や新たな套路の編纂も行われていた。
  • ドイツのローカルビールだったラガーを世界的に広めたのは、この国で生まれたピルスナーのおかげである。
  • この合唱曲は、赤軍合唱団によって愛唱され、世界的に広められた。
  • この皮種で餡を挟んだ最中が、やがて全国的に広められていき、現在では各地で色々な種類の最中が銘菓として売り出されている。
  • 最終的にマカロニ・ウェスタンやスパゲッティ・ウェスタンと呼ばれるイタリア製西部劇を世界的に広めたのはレオーネである。
  • ところがシク教の事件ではインドのニュースメディアは真実を見失い政府と共に熱狂的に関与、犯罪が影で指示されていたことで全ての宗派の犯罪行為は非常に愛され深く尊敬された敬虔な指導者を悪く言うことを慎重かつ組織的に広め、不法行為への虚偽告訴で宗教団体の地盤を脅かした。
  • 諜報あるいはミリタリー・インテリジェンスにおいては、偽情報は敵の立場あるいは行動方針に応じて敵を間違った方向に誘導するために意図的に広められる。
  • 「カトリックのさまざまな陰謀の背後で、ヨーク公ジェームズが糸を引いている」という噂が人為的に広められたのは確かであったが、政府はそれをシャフツベリに負わせようとした。
  • ラプラスも確率論の社会的な応用を考えたが、この考えを本格的に広めたのが「近代統計学の父」と呼ばれるアドルフ・ケトレーであった。
  • この療法は1950年代~1960年代にデフォレスト・クリントン・ジャービス博士の著書によって世界的に広められたが、現在ではバーモント州内でもほとんど知られていないという。
  • バンドの名を世界的に広めたアルバムで、イギリスではバンドにとって初の全英アルバムチャートにおけるトップ10入りを果たし、アメリカでも、シン・リジィのアルバムとしては唯一、Billboard 200でトップ20入りしている。
  • また、従来の農書とは別に、角力番付、一枚刷り、小冊子など、農民にわかりやすい形式を活用して、自らの農法を積極的に広めた。
  • 「ブルガリア=ヨーグルト」のイメージを世界的に広めたのは、ロシアの医学者イリヤ・メチニコフであり、彼がブルガリアを訪問した際に現地で見つけた伝統食であるヨーグルトを、長寿の秘訣であるとして、ヨーロッパ中に広めたのである。
  • 次へ »

的に広め の使われ方