的に優れる

20 の用例 (0.00 秒)
  • これは現在でも世界的に優れた人類学の学術誌のひとつとして知られている。
  • 砲火の下で例外的に優れた働きをするだけでは充分じゃないんだ。 ハインライン『愛に時間を1』より引用
  • 通常用いられるタングステン等よりも特性的に優れているためである。
  • 信頼性が高く、しかも文章的に優れた海事史研究の著作で知られる。
  • ニューヨークには、様々な様式の、建築的に優れた建物が数々ある。
  • ウィルソンはアメリカの事情が実質的に優れている考えていることをはっきりさせた。
  • 以上のうち、最後の方法が他のものより若干精度的に優れている。
  • 清少納言は感覚的に優れていたと多くの人々は信じて来た。 横光利一『新感覚論』より引用
  • それが遺伝的に優れた男性なら、だれを選んでも、国家全体が許してくれるの。 荻原規子『西の善き魔女3 薔薇の名前』より引用
  • 第一に云つておくが、われわれは、日本人を素質的に優れた民族だと信じてゐる。 岸田国士『六号記』より引用
  • 昔から特に身体的に優れていたわけじゃない。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 03 祟殺し編』より引用
  • そして速度を始めとする性能は、他のフランス空軍の爆撃機よりも全般的に優れていた。
  • 体格的に優れた叔父の反撃は、もっとも警戒したかった要素だった。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 03 祟殺し編』より引用
  • 白い色調で製作ができるため審美的に優れたクラスプを作成する事ができる。
  • 管の形は強度的に優れたものではあるが、実際の強さは素材やその作り次第でもある。
  • 芸術的に優れた花瓶は、花がない状態でも部屋の装飾となりうる。
  • わざわざ貴族と繰り返したわけは、人間よりも能力的に優れているのだと強調するためだ。 菊地秀行『吸血鬼ハンター09d D-蒼白き堕天使4』より引用
  • しかし、内心では、自分たちが本質的に優れていると思っている。 藤原正彦『若き数学者のアメリカ』より引用
  • 文学的に優れた者と文学的に駄目な者との区別は。 戸坂潤『思想と風俗』より引用
  • 広軌の機関車は確かに技術的に優れており、高速性能でも牽引性能でも優秀であった。