百花繚乱

全て 名詞
83 の例文 (0.00 秒)
  • 日差しを弾く髪は黒すぎて百花繚乱ひゃっかりょうらんの庭の中でもっとも強い色に映る。 ...
  • 後者の旅は夏の八月であったから、まったく百花繚乱の趣そのもの。 ...
  • これを契機にルナリアンの科学産業は一夜にして百花繚乱りょうらんの繁栄を達成した。 ...
  • なにしろ、百花繚乱といっていいほどの多種多様な機関車が日本の線路のうえを走っている。 ...
  • 案内者の話ではそう遠くない先のことだそうですが、わたくしが思うにその時代は百花繚乱のごとく詩人が輩出します。 ...
  • そういう機関車が百花繚乱と煙をあげて走りまわっている光景は、こと保修整備の仕事量では、絶望的な状態といってよかった。 ...
  • 私たちが生活するようになってから、私は屡〻しばしば新しい歓びとおどろきにうたれてそれを百花繚乱という表現やそのほかの表現で二人の間にもって来たが、例えば今こうやって書いている私の心を流れているものは、何と云ったらよいでしょう。 ...
  • しかし、そのにおいもまた夢を見ていて、夢に見られていて、幻想の百花繚乱りょうらんです。 ...
  • 映画自体は百花繚乱ひゃっかりょうらんといった有様ですけれど、どれもこれも似たような内容で、だったら最初から存在する意味なんてまるで無いのではないかというような感想を私は持つのです、と、熊の少女は言う。 ...
  • 鎖にさびひとつ浮かんでいるおそれもなく、百花繚乱のガラス窓にくもりがあるとも考えられない。 ...
  • 汗牛充棟、とはいかぬが、百花繚乱りようらんの色刷りが、段ボール箱につまった。 ...
  • DCブランドブームの前半期は、日本国内で独自の百花繚乱と言える多様なファッションが展開された点は特筆すべきことであった。 ...
  • 例えば、有名なウィスキー会社で出していたPR雑誌などは、偉そうな先生や偉くなさそうな先生が好き勝手なことをいってまさに百花繚乱の趣きである。
  • かかる伝統があってこそ、のちに仮名文字の造出を契機として、一時に百花繚乱たる姿を現じたのである。 ...
  • そこに弥生は、渦をまく濁流のかわりに百花繚乱たる常春とこはるの楽土を見たのだった。 ...
  • 機材の進歩により低予算でも自由な作品づくりの場が広がり、ソフトショップの棚は百花繚乱ひやつかりようらんの戦国状態になっている。 ...
  • まさに百花繚乱たるもんだな。 ...
  • 次へ