百光年

76 の用例 (0.00 秒)
  • 彼は五百光年の距離と三千年の客観時間にわたってそれを追求してきた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • ここから五百光年離れた地球でそれを知っていたというのだね。 アシモフ/川口正吉訳『暗黒星雲のかなたに』より引用
  • これでは何百光年も離れている恒星間を往き来することはできない。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ01 連帯惑星ピザンの危機』より引用
  • わざわざ高い運賃を費して、四千三百光年もの旅をしてこなくてもいいのです。 高千穂遙『ダーティペアシリーズ01 ダーティペアの大冒険』より引用
  • 地球を中心としての百光年の範囲の球状空間内には、ほぼ六千個の恒星がある。 星新一『きまぐれエトセトラ』より引用
  • 直径数百光年に達する大きさを持ち、内部で星形成が行われている。
  • 彼は六百光年はなれたベテルギウス星系で生れたのだから。 アダムス/風見潤訳『銀河ヒッチハイクガイド』より引用
  • その光は何百光年も旅してきたものじゃない。 山本弘『審判の日』より引用
  • その一方で、わたしたちは数百光年の空間と数千年の時間のなかで、いまここに暮らしているわ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • その惑星、もし存在するとしても、百光年先かもしれないのよ。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『10 宇宙の不死者』より引用
  • しかも、これにもっとも近い恒星系でも九百光年も離れている。 ヴォクト/能島武文訳『宇宙船ビーグル号の冒険』より引用
  • 反対側は四百光年以上離れており、到着する頃には周辺の交易情報は遠い過去のものになっているはずだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • われわれにとって五百光年というと夢のような距離だが、それだけ飛んでもしようがない。 宇宙英雄ローダン・シリーズ『02 銀河の神々のたそがれ』より引用
  • 男の捜索は、百光年以上の空間の広がりと、八世紀以上の時の流れのなかでつづけられていた。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(上)』より引用
  • みんな何十光年、場合によっては何百光年も離れたところからはるばるやってきたのだ。 ヴィンジ『最果ての銀河船団(下)』より引用
  • 地球から五百光年も離れてるんだぜ? 火浦功『スターライト☆だんでぃ』より引用
  • 一応、一回のワープ距離は三百光年くらいに抑えておくが、乗り心地は保証できない。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ11 〔映画版〕虹色の地獄』より引用
  • この機械の電波を受けた宇宙人は、たとえ何百光年先にいてもUFOで駆けつけてくる。
  • 一回のワープがせいぜい千五百光年くらいにしか達しない。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ11 〔映画版〕虹色の地獄』より引用
  • 直接的超空間目標飛行でこの超弩級戦艦ちょうどきゅうせんかんは二千二百光年を約六時間で飛びぬけられる。 K・H・シェール『宇宙船ピュルスの人々』より引用
  • 次へ »

百光年 の使われ方