白壁の土蔵

45 の用例 (0.00 秒)
  • ふりかえって見ると、おれが今出てきたのは大きな白壁の土蔵だった。 光瀬龍『歌麿さま参る』より引用
  • 白壁の土蔵の横に裏門が見えるが、彼女は反対の塀側に駆け寄つて行くのである。 牧野信一『女優』より引用
  • 佐吉は、どしんと縁側を踏んで、白壁の土蔵につづいた六畳の茶の間へ。 林不忘『煩悩秘文書』より引用
  • 店の裏手は広い敷地になっていて、みそ蔵らしき白壁の土蔵が幾つも並んでいた。 今邑彩『少女Aの殺人』より引用
  • ナマコ塀と白壁の土蔵造りで、裏にまわると、白秋記念館になっていた。 西村京太郎『特急「有明」殺人事件』より引用
  • そして父は待遠しさのあまり多額の費用をかけて白壁の土蔵なぞ建てて見たのかもしれなかつた。 森田たま『もめん随筆』より引用
  • 雪の国に白壁の土蔵はあまりに不似合だが、それが父のあたまに描かれた内地であつたのであらう。 森田たま『もめん随筆』より引用
  • 白壁の土蔵に隣り合った二階建で、低い家並みからぽつんと切りはなされて立っていた。 島木健作『鰊漁場』より引用
  • すると白壁の土蔵が現れて樫の木の頭だけを空に残した。 原民喜『潮干狩』より引用
  • 高山市内を歩くと、いたるところで正面に大きな扉のついた白壁の土蔵のような建物を見かける。
  • 村の小学校の生徒たちは、この銀杏の木と白壁の土蔵を見ると、学校で先生たちから聞かされた彼の逸話の数々を思い出した。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • 高く長く積み上げられた石垣の上に、三つの白壁の土蔵と、大きな屋敷と離れ屋と待ち屋があった。 新田次郎『槍ヶ岳開山』より引用
  • 白壁の土蔵が連なり、2階には屋根神様が祀られている古い町屋も多く残っている。
  • 県道からは、徳山道助の生家の庭の東の隅に植わっている三本の大きな銀杏の木と、白壁の土蔵だけが見えた。 柏原兵三『徳山道助の帰郷』より引用
  • 珊瑚樹さんごじゅの垣は茂って、はっきりと中は見えないが、それでも白壁の土蔵とむねの高い家屋とはわかった。 田山花袋『田舎教師』より引用
  • 彼の屋敷は山寺のやうな大きな門構や黒いへいやに取囲まれて、白壁の土蔵と並んで、都会風に建てられた二階家であつたが、門の扉がぴつたりとざされて、内は人気ひとけもないやうに闃寂ひつそりしてゐた。 徳田秋声『或売笑婦の話』より引用
  • 果たしてどんな形の倉庫がどこにあるのかなど確かめる気は起きなかったが、私は白壁の土蔵に似た物品収納庫がどこかにあって、そのようなもののあるはずはないが、とにかく彼はその入口のかぎを保管し、その出し入れにはかなりの裁量の余地が与えられているのだろうと想像していた。 島尾敏雄『魚雷艇学生』より引用
  • もちろん札幌には身よりもなく、生れた家は火事に焼けて、ただ父の建てた白壁の土蔵だけ変りなく残つてゐるさうであるが、それにまつはる少女時代の感傷はあつても、だから故郷だとは思ひ難いのである。 森田たま『もめん随筆』より引用
  • それから、まくらの下からになった鍵束かぎたばを探りだすと、何を思ったのか、ふらふらと部屋を出て、廊下伝いに白壁の土蔵のほうへ歩いて行く。 横溝正史『花髑髏』より引用
  • 新谷可南の実家のある住所にたどり着くまでに、諏訪は三階建ての繭蔵や、崩れかけた白壁の土蔵を幾つも目にした。 今邑彩『少女Aの殺人』より引用
  • 次へ »