白く染め抜か

20 の用例 (0.00 秒)
  • お文は藍色に竹を白く染め抜いた大模様の浴衣に錆朱さびしゆの細帯を締めていた。 宇江佐真理『髪結い伊三次捕物余話 幻の声』より引用
  • さらに両者とも肩の辺りに桜の紋様が白く染め抜かれている。
  • 背中に、とんでもない英語の台詞せりふが白く染め抜かれているものだ。 小林信彦『素晴らしい日本野球』より引用
  • 大抵はむらさきに字を白く染め抜いたものだが、中には白地に黒々と達筆をふるったのも見える。 夏目漱石『趣味の遺伝』より引用
  • 黒いTシャツの前面には、バイオハザード・マークが白く染め抜かれていた。 貴志祐介『青の炎』より引用
  • 今度は陸海軍万歳と赤地に白く染め抜いた奴が風に揺られて、温泉の町から、相生村あいおいむらの方へ飛んでいった。 夏目漱石『坊っちゃん』より引用
  • 今度は陸海軍万歳と赤地に白く染め抜いたやつが風に揺られて、温泉の町から、相生あいおい村の方へ飛んでいった。 夏目漱石『坊っちゃん』より引用
  • ひろげてみると浅黄に白く鬼の面が染め出してあり、うえに本という字が、これまた白く染め抜いてある。 横溝正史『金田一耕助ファイル03 獄門島』より引用
  • 誰が着たのか、桐の紋は、背中に白く染め抜いてある。 吉川英治『新書太閤記(一)』より引用
  • 急峻な山腹を埋めて高々と無数の赤旗が風に翻り、眼を凝らせばダム反対の文字が一枚一枚の旗を白く染め抜いている。 松下竜一『砦に拠る』より引用
  • けれど店の入口にいつも〝キンシ正〟と濃紺地に白く染め抜かれた大きな暖簾のれんを下げているので、そこにやってくる人々はだれも正式な店の名前など知らないようだった。 椎名誠『新橋烏森口青春篇』より引用
  • と辰五郎は首を振り、通りで待っている『め組』と白く染め抜いた半纏をまとった火消衆のところに戻っていった。 つかこうへい『龍馬伝 野望篇』より引用
  • 陰陽師安倍晴明を演じた役者の衣裳いしようだが、その紋どころに五芒星ごぼうせいが白く染め抜かれていた。 荒俣宏『帝都物語1』より引用
  • 古くは無地、織地であったが、現在では商店の屋号などを白く染め抜いて作られたり刺繍で仕上げられる。
  • と白く染め抜かれている。 吉行淳之介『私の東京物語』より引用
  • 脱衣場の竹矢来たけやらいの端で、赤地に「氷」と白く染め抜いた旗がむなしく風にひるがえっている。 福永武彦『風土』より引用
  • 彼らの右腕には『民主聯盟』と赤地に白く染め抜かれ、その下に墨字で『指導員』と書き加えた腕章が巻かれていた。 胡桃沢耕史『黒パン俘虜記』より引用
  • 紋を入れる所は「石持ち」といい、あらかじめ白く染め抜かれており、そこに後から地色で柄を染め付ける。
  • 数秒後、暗黒に生じた一点のかがやきは、みるみる明るさと広がりを増して、天空を白く染め抜いた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12a D-邪王星団1』より引用
  • 空地によごれた幕が引廻され、浅葱地に役者の名を白く染め抜いた幟が三本立ち、シヤツにズボン下を著けた男が声も立てずに露つぽい中に立つて木戸番をしてゐる。 与謝野晶子『月二夜』より引用