白く染め

102 の用例 (0.00 秒)
  • 私は目を開けて、私の指を白く染めた光をもう一度ながめてみた。 村上春樹『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド 2』より引用
  • 雪は本降りになりかけており、あたりの住宅の軒先を白く染め始めていた。 小池真理子『狂王の庭』より引用
  • 吐きだした息の湿しめり気が、ヘルメットしの視界しかい一瞬いっしゅんだけ白くめた。 雨木シュウスケ『鋼殻のレギオス08 ミキシング・ノート』より引用
  • 雪は三センチほどつもり、道路以外のところを白く染めて、夕方にはやんだ。 阿久悠『瀬戸内少年野球団』より引用
  • 窓にはカーテンが引かれていたが、水銀灯の明かりがそれを白く染めていた。 村上春樹『1Q84 BOOK1』より引用
  • その顔を光が白く染め、床にその影を長く落とした。 菊地秀行『吸血鬼ハンター12b D-邪王星団2』より引用
  • 手術台から静かに身を起こしたライアの全身を、横なぐりの風雪が白く染めた。 菊地秀行『吸血鬼ハンター別巻01 D-昏い夜想曲』より引用
  • 或るところでは「西」と白く染めぬいた赤い旗が立っていた。 山田風太郎『戦中派不戦日記』より引用
  • 散り急ぐ桜の花は雪解けを迎えたばかりの大地を白く染めていた。 ZUN『東方香霖堂 ~Guriosities of Lotus Asia』より引用
  • ただ、大粒の雪だけが無音で天から降り注ぎ、世界を白く染めていく。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • 純粋な痛みのかたまりが神経系の各所で炸裂さくれつし、意識を白く染めた。 川原礫『アクセル・ワールド 04 -蒼空への飛翔-』より引用
  • 二人の顔を、朝の弱い光が白く染めて行く。 赤川次郎『やさしい季節 下』より引用
  • 倒れたときに打ったのだろうか、顔の辺りから体液が流れ出して、通路を白く染めている。 苑崎透『トップをねらえ! ネクストジェネレーション』より引用
  • 先程から辺りを白く染めているのは、お湯からわき出る湯気であった。 白瀬修『おと×まほ 第04巻』より引用
  • 日に焼けたその顔は目と口のあいだが赤く、下まぶたが黒く、額が白く染めてあった。 ヴェルヌ/大久保和郎訳『グラント船長の子供たち(上) 地の果ての燈台』より引用
  • やがて白い雪片が静かに舞い落ちて来て、リンゴの山をうっすらと白く染めた。 森瑤子『望郷』より引用
  • 光に白く染められた顔の中で、そこばかりが異様に紅い唇と、そこからのぞく白い牙が。 菊地秀行『吸血鬼ハンター15 D-魔戦抄』より引用
  • 美千代は、自分の心が白く染め替えられていくのを感じた。 荒俣宏『帝都物語6』より引用
  • ドアが開くと、すさまじいフラッシュの砲火がエレベーターの中を白く染めた。 神野オキナ『あそびにいくヨ!第02巻』より引用
  • 雪はもう地を白く染めている。 山田風太郎『明治十手架(下) 山田風太郎明治小説全集14』より引用
  • 次へ »