白く冴え

23 の用例 (0.00 秒)
  • 灯が白く冴えて、病間は病間らしくない木ぐちの新しさと木の香だった。 吉川英治『私本太平記』より引用
  • 月光は白くえ、その中を幼い娘を失った母親の悲しみが走っていた。 井上靖『星と祭上』より引用
  • 針は電燈の光を浴びて白く冴えかえっている。 織田作之助『夜光虫』より引用
  • ヘルメットの中でその顔はおそろしいほど白くえていた。 光瀬龍『たそがれに還る』より引用
  • 美津子の眼は白く冴えて、怖ろしく、順平の狂暴な血は一度にひいた。 織田作之助『放浪』より引用
  • 振り向いた萩乃の顔は、絹行燈の灯をうけて、白く冴えている。 林不忘『丹下左膳』より引用
  • 白くえた顔になっている。 福永武彦『風土』より引用
  • 興奮している秀行とは対照的な悟の白く冴えた横顔は、たとえアパートが炎上してもそのままだろうと思わせた。 岩井志麻子『恋愛詐欺師』より引用
  • あの不恰好な鼻の流星まで白く冴えて、コッケイにも見えない。 田久保英夫『深い河』より引用
  • そしてその絵本の中の天使と同じく、裸の下腹部は白くえて清浄無垢むくというべき状態にあった。 倉橋由美子『アマノン国往還記』より引用
  • 美津子の眼は白く冴えて、怖ろしく、狂暴な血が一度にひいた。 織田作之助『放浪』より引用
  • 白く冴えた光がそれらをしぼませる。 ウルフ/西崎憲編訳『ヴァージニア・ウルフ短篇集』より引用
  • 燕青が窓をあけて見ると、またひとしおのおもむきがあって、雲は軽やかに流れ風はおだやかに吹き、月は白く冴え谷川は清らかにせせらぎ、山と水の光と影が部屋のなかに射しこんでくる。 施耐庵/駒田信二訳『水滸伝(七)』より引用
  • 薄闇の中に仄白ほのじろく冴えた廉十郎の横顔へ問いかけたく思ったとき、ふと、邸内に、複数人の身動きする気配を感じとった。 藤水名子『浪漫’s 見参!桜子姫』より引用
  • 香澄の面は益々ますます白く冴えかえってきた。 森村誠一『分水嶺』より引用
  • その中に白く冴え冴えと光輝がある。 小野不由美『屍鬼(上)』より引用
  • 緑のゴブラン織のやうな蔦の茂みを背景にして背と腰で二箇所に曲つてゐる長身をやをら伸ばし、ほうきを支へに背景を見返へる老女の姿は、夏の朝靄あさもやの中に象牙彫ぞうげぼりのやうにうるんで白くえた。 岡本かの子『蔦の門』より引用
  • 総髪を手一束に切りそろえて、肩までたらし、眉目びもくは化粧でもしているのではないかと疑いたくなるほど端麗たんれいで、肌理きめこまかに白くえ、あごの線や丸味は女のように優雅でさえあった。 柴田錬三郎『(柴錬立川文庫3) 柳生但馬守』より引用
  • 月は、振り返るたびに、すこしずつ高く、ちいさくなり、時にはおぼろになったり、また白くえたりしながら、いつまでも窓から離れなかった。 三浦哲郎『愁月記』より引用
  • 半日の余にわたる死闘、また死闘の物凄ものすさまじい血戦の後、月は山の肩に、白く冴えた。 吉川英治『三国志』より引用
  • 次へ »