白い砂利

28 の例文 (0.00 秒)
  • 白い砂利は見たこともない紅蓮の炎の模様に整えられていた。 ...
  • 白い砂利を敷いたのは、白が裁判の公平さと神聖さを象徴する色であったからと言われている。 ...
  • 影落ちる大地の、白い砂利じゃりを小さく蹴り飛ばし、こちらに改めて顔を向けた。 ...
  • もっとも古い時代には土間がそのまま用いられており、白い砂利敷となったのは時代が下る。 ...
  • シャルルは金だらいの底に、せと物の内側についているような白い砂利のようなものを見つけた。 ...
  • 白い砂利の上に歩を運んでゆくと、どこからともなく風に落葉が送られ、カサコソと音をたてて転がっていった。 ...
  • それから上流に十数歩あるくと、白い砂利の川床の上を、より深い水が、もっと静かに流れている場所に出た。 ...
  • 博士は松にえる白い砂利の道を踏んで南大門をくぐり、中門をくぐった。 ...
  • 古い山門をくぐって中にはいると、白い砂利がしかれてある。 ...
  • いくらか歩きやすくなった足元に目をやれば、白い砂利がまかれていることに気がつく。 ...
  • 遊覧客が降りて、白い砂利を敷いた広場に散っていった。
  • まるで、そのお堂は、本山ほんざんのような大屋根をひろげて、白い砂利じやり広場に建っていた。 ...
  • 広い庭には白い砂利がしきつめられて、薄暗がりの中からひき出されてきた七人はクラクラするようであった。 ...
  • 中に白い砂利を敷いた灰皿を前にして、佐久田、壮、美緒と並んで腰を下ろす。 ...
  • 「来てよかったじゃないですか、奥さん」 白い砂利を敷きつめた前庭でバスを下りると、玄関の前にみるからに上品な紳士と、貴婦人といった印象の女性が出迎えていた。 ...
  • 日向に出ると穏やかに暖かで、白い砂利路の左に色づいたメイプルの葉が、ぱっとした褪紅色に燃えていた。 ...
  • 庭先に敷き詰めた、白い砂利の上には、瑠璃子の好きな松葉牡丹が、咲き始めた。 ...
  • 次へ