白い円柱

17 の用例 (0.00 秒)
  • 床面から、アスナの胸あたりまでの高さがある、白い円柱が伸びている。 九里史生『SAO Web 02』より引用
  • そのほのおの先に上方に向って開いた二本の白い円柱があった。 光瀬龍『復讐の道標』より引用
  • 四方の壁際には二本ずつ白い円柱が立って、瓦の軒を支えている。 篠田真由美『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • そこには点々と低い灌木や、今まで見たこともない建築様式の、低く白い円柱のある建物がいくつか見られた。 ムーア『暗黒界の妖精―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 丘のむこうには白い円柱の家があるだろう。 ムーア『暗黒界の妖精―ノースウェスト・スミス』より引用
  • 壁はがっちりした白塗りで、巨大な白い円柱が配されていた。 クーパー『(闇の戦い3)灰色の王』より引用
  • 神殿の短辺には10本の白い円柱が並び、南と北の長辺には18本の円柱が並んでいた。
  • 彼らの下には、雪のように白い円柱が、大理石でできた広いスタジアムの中央から突き出ていた。 クラーク『都市と星』より引用
  • 鉄骨にガラスの天井の下には四方からポーチと同じに瓦の載った軒が出て、その軒を白い円柱が支えている。 篠田真由美『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • 陽射しを浴びた石床の上に長々と脚を伸ばし、背中と包帯に包まれた頭を白い円柱に預けて、ぐっすりと。 篠田真由美『未明の家 建築探偵桜井京介の事件簿』より引用
  • トリニテ教会の白い円柱が足場にかこまれて立っている。 シムノン/稲葉明雄訳『怪盗レトン』より引用
  • 大理石張りのロビーに幾つも立ち並ぶ白い円柱は、その一つ一つに必ず古い亡霊をたたずませているという噂は、どこで聞いたのか。 岩井志麻子『楽園(ラック・ヴィエン)』より引用
  • 壮厳な白い円柱が、ゴリムの湖とゴリムの島と、ピラミッド型の不思議な家を囲んでいる。 エディングス『マロリオン物語03 マーゴスの王』より引用
  • アラブ模様の床板と白い円柱の立つ中庭には、太陽が真上の空から斜めに差し込んでいて、そこだけポカポカした陽気になっている。 野沢尚『龍時(リュウジ)02―03』より引用
  • 手入れが届いた芝生の前庭の奥に、ポーチの白い円柱が眩しく陽を撥ねているスウの家も物音ひとつ聞こえず、玄関脇の花盛りの合歓ねむの木が、喪章のように濃く短い影を足もとにつくっている。 森禮子『モッキングバードのいる町』より引用
  • 教会は屋根が緑色で、白い円柱が立ちならび、正面の入り口の上には、『イタリア』ふうに『キリストの復活』をあらわした al frescoが飾られていた。 ツルゲーネフ/佐々木彰訳『父と子』より引用
  • 白い円柱が立ち、石垣がある。 北杜夫『マンボウ響躁曲 地中海・南太平洋の旅』より引用