白い

全て 形容詞
69,036 の用例 (0.02 秒)
  • 彼の眼の前に五番町の広いとほりが、午後の太陽の光の下に白く輝いてゐた。 菊池寛『真珠夫人』より引用
  • 頭の上の白い雲が雪のように溶けて消えるのをぼんやりと見あげていた。 岡本綺堂『探偵夜話』より引用
  • くびからしろ布片きれつてれもしろ繃帶ほうたいしたたせたものもあつた。 長塚節『土』より引用
  • 液体は白くなって来たが、もっともっと白くならなければならないのだ。 海野十三『殺人の涯』より引用
  • 白い人形みたいなんが入ってるから、うちカプセルを二つに開けてみた。 植松真人『アメリカ人になりたい。』より引用
  • 庭の隅の金網の中には白いレグホオン種の鶏が何羽も静かに歩いてゐた。 芥川竜之介『歯車』より引用
  • 暗緑色の葉のあいだにその白い花が夢の如くに開いて、夢の如くに散る。 岡本綺堂『亡びゆく花』より引用
  • 僕は風向かざむきに従つて一様いちやうに曲つた松の中に白い洋館のあるのを見つけた。 芥川竜之介『鵠沼雑記』より引用
  • すると、水兵服嬢は意外にも突然眼鼻を一つにして白い歯をきだした。 海野十三『深夜の市長』より引用
  • あかはなあおはなや、しろい、いいにおいのするはながたくさんいていました。 小川未明『花とあかり』より引用
  • あねしろはなしたからはなれて、自分じぶんまちほうあるいていきました。 小川未明『灰色の姉と桃色の妹』より引用
  • 彼らが通っていった後には、チョークでかいた石けりの白い輪はあった。 海野十三『火星兵団』より引用
  • 船はすつかり眞白い雨で包まれてしまつて、前方が全く見えなくなつた。 佐野昌一『南太平洋科学風土記』より引用
  • 四つつじは太陽の反映に白く輝いていたが、生あるものは何もいなかった。 ユゴー・ヴィクトル『レ・ミゼラブル』より引用
  • むかしからそんな伝説のあるのを利用して、白い女に化けて来るんだよ。 岡本綺堂『雪女』より引用
  • きょうは海の上もおだやかに光って、水鳥の白い群れが低く飛んでいた。 岡本綺堂『半七捕物帳』より引用
  • さつき裾から白く見えたのは此白地の丈が長かつたからに相違ないのだ。 長塚節『佐渡が島』より引用
  • 昔し、女達はその肌を白くするのに此の草の汁を使つたものなんです。 ファーブル・ジャン・アンリ『科学の不思議』より引用
  • もう少しもう少しと上るうちに、南の方にもまた一つ白い峰が顔を出す。 大下藤次郎『白峰の麓』より引用
  • その白い着物がいかにもよくその顔に値いして、いい調和をなしていた。 マクドナルド・ジョージ『世界怪談名作集』より引用
  • 次へ »