白々しいこと

25 の用例 (0.00 秒)
  • 「この書を亡父に捧ぐ」というような白々しいことはいえないが、ぽっちりそんな凡情ぼんじょうが今、わかないでもない。 吉川英治『随筆 新平家』より引用
  • 白々しいことを言う忍野だった。 西尾維新『傷物語』より引用
  • そうすると、あくまで、わたしをいじめ抜いていた姉が、急に飛び退いて、冷笑気味になって申しました、 『白々しらじらしいことをお言いでないよ、そのおなかをごらん』 こういわれて指さされた時に、わたしは泣き伏して、この顔を、姉の痛い眼つきから避けるよりほかはすべがありませんでした。 中里介山『大菩薩峠』より引用
  • なんて白々しいことを。 井上堅二『バカとテストと召喚獣 03』より引用
  • 白々しいことを申すな! 海音寺潮五郎『平将門 中巻』より引用