白々しいこと

25 の用例 (0.00 秒)
  • 白々しらじらしいことを聞くことにかけては教会の聖職者の右に出る者はいない。 支倉凍砂『狼と香辛料Ⅸ 対立の町<下>』より引用
  • 無事だといいですね、なんて白々しらじらしいことを言う必要は、今の僕になかった。 入間人間『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん 02 善意の指針は悪意』より引用
  • 自分たちに都合がいいとなると、どんな白々しいことでもいう彼らでありました。 海野十三『豆潜水艇の行方』より引用
  • 一方でそんなことをいふかと思ふと、自分の方へ來ては莫迦に白々しいことをいふ。 徳田秋声『媒介者』より引用
  • そんな白々しいことを、よりによって飢皿木博士の前で言う意味はない。 西尾維新『悲鳴伝』より引用
  • そんな白々しいことを、いくらかてれ隠しの気味もあって、僕は妻へ云ったものです。 豊島与志雄『野ざらし』より引用
  • 白々しいことを言うんじゃないっての。 野尻抱介『ロケットガール 01』より引用
  • 偶然だよ、と僕は白々しいことを言った。 橋本紡『半分の月がのぼる空 第08巻』より引用
  • 雄吉がなんのために、そんな白々しいことを云ってるのか、たか子には気持がみとりかねた。 石坂洋次郎『陽のあたる坂道』より引用
  • さんざん喰いものにしようと企みながら、よくも白々しいことが言えますわね。 南里征典『成城官能夫人』より引用
  • 清里は、ちょっと返事に詰まったが、やはり風戸には白々しいことはいえなかった。 三浦哲郎『愛しい女』より引用
  • 平沢は改めて対い合うと、白々しいことを言った。 森村誠一『致死眷属』より引用
  • 奥さんが可哀想だなんて、白々しいことはいいません。 馳星周『生誕祭(下)』より引用
  • の大棟梁の列島改造計画は生き物や草花を虐待ぎやくたいし、虐殺するだけが能の珍計画だったが、その計画の責任者がよくまあこのような白々しいことを言えたものである。 井上ひさし『ドン松五郎の生活』より引用
  • 大石はつい白々しいことを言ってしまう。 竜騎士07『ひぐらしのなく頃に 08 祭囃し編』より引用
  • と白々しいことをいい、防戦につとめるのである。 半藤一利『指揮官と参謀 コンビの研究』より引用
  • 白々しいことを言うな。 藤田宜永『標的の向こう側』より引用
  • なかなかに白々しいことをおっしゃいます。 田中ロミオ『人類は衰退しました 02』より引用
  • 白々しいことを、もっともらしく言う。 高野和『七姫物語』より引用
  • タロスが白々しいことを言った。 高千穂遙『クラッシャージョウシリーズ06 人面魔獣の挑戦』より引用
  • 次へ »